2019年03月21日

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香 


 3年生の前期に京都工芸繊維大学で日本語を教える実習を体験したが、その時いろいろ反省点や課題があったので、今回の香港とマカオでの実習も始まるまで不安でいっぱいだった。でも、終わってみると、本当に充実した12日間にすることができたと思う。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香 


 今回の実習は、私にとって、3つの目的があった。まず1つ目は、海外で日本語を学習している学生がどのような環境で勉強しているかを知ることである。

 全体的な印象としては、1クラスに対しての学生数が多いと感じた。香港日本文化協会日本語学校では、学生が3人や10人のクラスも確かにあったが、20人以上いるクラスもあった。香港中文大学専業進修学院(CUSCS)では、1年生は1クラス40人、2年生は1クラス25人だそうだ。この人数では、教師が学生1人1人を見るのはなかなか難しいのではないかと思った。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香                      (マカオにある旅游学院にて)


 また、CUSCSの1年生やマカオ旅游学院の学生は先生以外の日本人と話すのは初めてだと言っていた。やはり日本以外の国で、日本語を勉強していると日本語母語話者と話す機会がかなり少ないという課題があるようだった。

 一方で、なぜ日本語を勉強しているのかをどの学生に尋ねても、それぞれの理由や目的が明確だったり、積極的に日本人実習生とコミュニケーションをとろうとする姿勢や学習意欲の高さに感心した。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香                        (文化紹介の授業で書道の実技指導)


 次に、2つ目の目的はプロの先生がどのような授業をしているかを知ることである。複数の先生方の授業を見学させていただいたが、それぞれの先生方に独自の教え方があった。私たちがノートルダムの授業(日本語教授法など)で習った教え方をしている先生はいなかったように思う。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香 


 授業見学で特に気になっていたのは、学生の間違いをどう正すのかである。学生の日本語習得のためには、もちろん間違いを正さないといけないが、学生のモチベーションを下げてしまうのではないかという不安があり、できれば間違いを正したくないと思っていた。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  越智瀬莉香                  (デザートの定番、枸杞の実入り桂花茶〈キンモクセイ茶〉ゼリー)


 CUSCSの飯田先生の授業を見学させていただいた時に、学生が間違った日本語を言っても1度も「違います」とはおっしゃらなかったのが印象的だった。「『こっちの方が自然だから。』とか『なんとなく。』でもいいから。」と、学生になぜそう思ったのかを聞いていらっしゃったのも新鮮だった。   ≪続≫


(報告者:国際言語文化学部英語英文学科4年次生 越智瀬莉香)








同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業
ラジオ放送番組に生出演してきました! 
いよいよ放送日です!
KBS京都 海平和アナウンサーをお迎えしての授業
ラジオ番組生放送 7月5日(金)18:15~18:45
2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業 (2019-07-11 19:29)
 ラジオ放送番組に生出演してきました!  (2019-07-09 16:41)
 いよいよ放送日です! (2019-07-03 11:39)
 KBS京都 海平和アナウンサーをお迎えしての授業 (2019-06-27 14:02)
 ラジオ番組生放送 7月5日(金)18:15~18:45 (2019-06-20 19:07)
 2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2 (2019-03-25 19:18)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 22:29 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域日本語教育国際交流

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。