2019年03月19日

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜


 私は海外に行くことも、他人と二週間近くも共同生活することも(そもそもそんなに長期間実家を離れることも)、まったく初めての経験だったので、この実習に参加してだいじょうぶだろうかという不安があった。一緒に行くのが日本語教育の授業以外でそれほど交流のある人たちでもなかったということもあった。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜


 日本語教育実習Ⅰでは、京都工芸繊維大学の留学生を相手に授業をしたが、それ以来の日本語の授業だったので、指導案もうまく作成できるだろうかという思いもあった。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜




 しかし、今帰国して思うことは、この実習に参加してよかったということだ。

 実際に本物の日本語教員の授業を見たことがなかったので、たくさんの先生方の授業を見ることが出来たのは大きな財産になったと思う。いろんなパターンの授業方法があって、どれも勉強になった。また、実際に海外で日本語を勉強している学生と直接交流できる機会はめったにないことなので、とても良い経験になった。


日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜



 自分が実際に行った授業の反省点は、ゼロ初級レベルの人だけが相手だったら成立していないような授業をしてしまったというのが大きい。今回の学生はレベルが高い人ばかりだったから何とか最後まで授業ができたが、まったくの初級レベルの人には難しすぎる言葉を使って授業を推し進めてしまった。

日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜



 授業時間が余った時のために用意していた追加学習で何とか時間を引っぱって、授業をしたが、これを使わなくても済むくらい授業内容を充実させたり、追加授業に関しても、日本でもっと準備しておけばよかったと反省している。


日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜
 〈九龍から香港島に渡る船上から香港の夜景を見る〉

 
 いろいろ反省点は尽きないが、とても有意義な初海外となった。

(報告者:国際言語文化学部国際日本文化学科4年次生 松本若菜)






同じカテゴリー(日記)の記事画像
能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業
フレッシュマン・セミナー・レポート  編入学生  I さん   
平成31年度 入学式を実施しました
2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2
日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  福島明星(ふくしま あかり)
2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 1
同じカテゴリー(日記)の記事
 能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業 (2019-07-11 19:29)
 公開講座 「小泉八雲 多文化の協奏 KWAIDANと怪談」  (2019-06-19 18:18)
 フレッシュマン・セミナー・レポート  編入学生 I さん    (2019-04-21 00:32)
 平成31年度 入学式を実施しました (2019-04-03 17:00)
 2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2 (2019-03-25 19:18)
 日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  福島明星(ふくしま あかり) (2019-03-21 01:28)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 23:24 │Comments(0)日記授業紹介日本語日本文化領域日本語教育国際交流

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。