2018年11月28日

映画で癒やされる


映画を観て、
泣けた~、という観客登場する、
CMがありました。
映画で癒やされる

(もしかすると、最近は、
見かけなくなったかもしれません。)


映画を観て泣けるのは、
なぜでしょう。

普段出会わない、
特別な出来事を、
映画が描いているからでしょうか。


もちろん、
特別な話だから、
感動する場合もあるでしょう。


ただ、日常的な出来事を描いていても、
映画が感動させる場合もあります。



おそらく、感動するのは、
映画の仕組みと関わりがあります。

映画は、ある人の体験を、
少し距離を置いてみる形になっています。

観客は、登場人物が、
どうして、そういう出来事を、
経験することになったのか、
客観的な立場から、理解します。


こういう体験の仕方は、
私たちの日常には、
ありません。

断片的な情報しか、わからないので、
その出来事が、どのようなものか、
なかなか理解できないのです。

だから、泣いていいのか、
笑っていいのか、
わからない、ということは、
よくあります。



映画は、客観的に観ているので、
出来事の意味をよく理解できます。

そんなわけで、
かわいそう、と思ったり、
いい話だ、と思って、
感動できるわけです。


報告:長沼光彦





タグ :映画感動

同じカテゴリー(日記)の記事画像
能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業
フレッシュマン・セミナー・レポート  編入学生  I さん   
平成31年度 入学式を実施しました
2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2
日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  福島明星(ふくしま あかり)
日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  松本若菜
同じカテゴリー(日記)の記事
 能楽に関する特別講義を実施しました ――「基礎演習」合同授業 (2019-07-11 19:29)
 公開講座 「小泉八雲 多文化の協奏 KWAIDANと怪談」  (2019-06-19 18:18)
 フレッシュマン・セミナー・レポート  編入学生 I さん    (2019-04-21 00:32)
 平成31年度 入学式を実施しました (2019-04-03 17:00)
 2年次生「発展演習」の授業から ―短歌・俳句を作る 2 (2019-03-25 19:18)
 日本語教育実習Ⅲ(香港実習) レポート  福島明星(ふくしま あかり) (2019-03-21 01:28)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 22:08 │Comments(1)日記日本語日本文化領域

この記事へのコメント
最近、映画見て感動すること少なくなりましたね。
そんな映画見に行きたいものですね。
「かつらえいじ」」
Posted by guildguild at 2018年11月29日 01:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。