2017年10月14日

言葉で説明する 絵で説明する  日本文学


共通教育の、
「日本文学」では、
文章表現の特徴について、
考えてもらっています。



文章で説明するのと、
絵で説明するのでは、
どちらが簡単でしょう。


実際はどちらかだけでは、
なかなか難しいと、
思います。


今はスマホを持っているのが、
当たりまえですから、
何か伝えたいときには、
写真を撮って、
LINEで送ることもできます。

けれども、
文章がなくて、
そのまま写真を送っても、
相手は何の写真か、
わからないでしょう。


また、文章だけで、
説明するのも、
なかなか、
うまくいかないでしょう。

食べ物の話をする場合など、
写真を付けて送った方が、
すぐわかってもらえたりします。


写真には写真の得意なところ、
文章には文章の得意なとこと、
があります。


それぞれの表現の特徴を、
わかったうえで、
活用した方が、
相手に伝わりやすい表現が、
できるわけです。


報告:長沼光彦





同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
声を出す 授業を参観しました
学生の卒論を読む
松ヶ崎大黒天に紅葉を観に行きました
面白いを見つける
ユーチューバーの話 参
ユーチューバーの話 続
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 声を出す 授業を参観しました (2017-11-20 17:20)
 学生の卒論を読む (2017-11-18 22:25)
 松ヶ崎大黒天に紅葉を観に行きました (2017-11-17 20:33)
 面白いを見つける (2017-11-13 17:02)
 ユーチューバーの話 参 (2017-11-12 22:33)
 ユーチューバーの話 続 (2017-11-11 16:31)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:35 │Comments(1)授業紹介日本語日本文化領域

この記事へのコメント
日本文学、奥が深いですね。
色々と勉強したいです。

かつら えいじ
Posted by guildguild at 2017年10月17日 21:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。