2018年08月14日

オマーン人留学生との交流2018 その2

オマーン人留学生との交流2018 その2です。
今年は京都のエジプト料理店でイフタールの会を開きました。



~ハラール~
ハラールとはアラビア語で「許された」を意味します。
最近「ハラール料理」ということばが聞かれるようになりました。

エジプト料理店にもハラールのビールが
おいてありました。もちろんノンアルコールです!
名前がふるっていますね。



ハラールはイスラームの戒律によって食べることを許された食べ物を
指します。日本でもハラール認定されたレストランが増えてきており
イスラーム教徒の観光客が安心して食事できるようになりつつ
あります。よく耳にするものだと豚肉やアルコールの摂取が
禁じられています。コーランではそれ以外にも死肉、流れる血、
アッラー以外の名が唱えられて屠殺された動物の肉、角を
突き合わせて殺された動物の肉、野獣が食い残した肉、賭博で
分配した肉を食べることを禁じています。
ちなみにイスラーム法にはハラームということばが存在します。
ハラールとは逆で「禁じられていること、すると罪になること」を指します。

他にもお店で供されたハラールのお料理です。



その3に続きます。どうぞお楽しみに。

(人間文化学科教員 鷲見朗子)  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:10Comments(1)国際文化領域(多文化理解)授業紹介オープンキャンパス・AO入試アラビア語

2018年08月13日

オマーン人留学生との交流2018 その1

今年も日本オマーンクラブ主催のお食事会が5月に開催され、
人間文化学科からもアラビア語とアラブ文化を学ぶ学生が参加しました。
「アラビア語」「外国文学(アラブ文学)」「多文化理解(中東の映画)」を
履修している学生です。



イスラーム断食月ラマダーンの断食明けの食事イフタールの会です。
今年は京都のエジプト料理店でした。関西と中部に留学している
オマーン人学生や同クラブの日本人の方たちと交流しました。
今年でもう3年目になります。

イフタールでは初めに頂くことがおおいデーツ(なつめやしの実)、
今回はオマーン産です。



 学科から参加した学生が異文化学習の一環として
「オマーン」「ハラール」「ラマダーン」という用語を調べてくれました。
その1は「オマーン」です。

~オマーン~
オマーンとはアラビア半島にあるマスカットが首都の国です
。周りにはペルシャ湾、アラビア海、オマーン湾があります。
公用語は「マルハバン」でおなじみのアラビア語です。
宗教はおもにイスラム教でそのうち3/4がイバード派、
1/4がスンナ派です。



去年もこの会に参加した学生は、さらにオマーンに親しみを
覚えたことと思います。また、初参加の学生は、授業で写真や
映像を通してしか知らなかったアラブ人の方と今回、
実際に会って、ぐっと身近に感じたのではないでしょうか。

(人間文化学科教員 鷲見朗子)
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:34Comments(0)国際文化領域(多文化理解)授業紹介オープンキャンパス・AO入試アラビア語

2018年08月12日

AO入試に関わるおしらせ

本年の本学科AO入試では、
オープンキャンパスに参加、
あるいは、このブログの内容をふまえて、
出願できます




ブログの方は、
先日の記事、
「科目紹介「キリスト教美術」」
など、
「オープンキャンパス・AO入試」のカテゴリに、
整理して、順次公開していきます。


ブログの左側の少し下の方に、
「カテゴリ」と題のあるところから、
「オープンキャンパス・AO入試」をクリックしてみてください。

よろしければご参照ください。


もちろん、他の記事も参照してくださって、
かまいません。
「日本語日本文化領域」など、
興味のあるカテゴリも、
見てみてください。


よろしくお願いします。


長沼光彦
  
タグ :AO入試


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:07Comments(0)オープンキャンパス・AO入試

2018年08月10日

科目紹介 「キリスト教美術」

大学もついに夏期休暇に入りました。試験やレポートを乗り越えた学生さんたちが充実した時間を過ごすことを願いながら、教員も一息つきたいところです。

さて、今日は学科教員が担当している科目のひとつ「キリスト教美術」をご紹介したいと思います。せっかくカトリックの大学で学ぶからには、教会や展覧会で宗教画を見た時に少しでも自力で主題がわかるようになりたいものです。

科目の目標は「4世紀以降、長い時間をかけて成立したキリスト教美術には、繰り返し描かれ続けてきた主題と表現上の約束事がある。さまざまな地域・時代に制作された作品を通して、未知の作品に出会ったときにも、ある程度主題を推測できる力を養うことを目指す」です!
しかし、必ずしも美術になじんだ受講生ばかりではないので、たくさん作品を見ることを楽しみながら、基本的な知識を得ることを目標にしています。旧約聖書・新約聖書・様々な聖人のエピソードから、代表的なものを解説していきます。

主題によっては、聖書には必ずしも記述がないけれども、派生的に発展したものがあります。たとえば「エジプト逃避途上の休息」は、福音書に語られる「エジプト逃避」(聖母マリア、幼子イエス、聖ヨセフは、ヘロデ王から逃れてエジプトに行き、ヘロデが死ぬまでそこにとどまった)から生まれた主題です。長旅の途中で、荷物をおろしてくつろぐ聖母子の姿が中心になりますが、美しい風景を描く良い機会でもあるので、画家たちに好まれました。
写真はパティニールという人の作品(1519-24年)です。緑・青の色が美しい広大な風景をじっくり鑑賞したいところです。




「エジプト逃避途上の休息」は一度知るとあまり間違えない主題だと思いますが、少しぼんやりしていると間違えることもあります。たとえば食事の場面には特に重要なものがいくつかありますが、次の二つの作品を観察してみてください。





最初の作品は、《最後の晩餐》。イエス・キリストが弟子とともにとった最後の食事ですが、これは「最初のミサ」でもありますし、「この中に私を裏切る人がいる」と衝撃の発言に弟子たちが動揺する劇的な場面でもあります。イエスを囲む12人の弟子たちの反応が見どころになります。有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの作品(1495-98年)。

二番目の作品は、《カナの婚礼》。婚礼に招かれたイエス・キリストが、ワインがなくなってしまったときに、水をワインに変えたという奇跡の場面です。ポイントは、水を入れられた大きな甕が描かれていること。描いたのはジョットで1304-1305年の作品です。

期末試験では、講義では見なかった作品の画像を渡して、主題をあてるという問題も出しました。今回は《カナの婚礼》も出ましたが…受講生の皆さんは、わかったかな? 

(科目担当: 吉田朋子)  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:17Comments(0)授業紹介カトリック教育国際文化領域(芸術と思想)オープンキャンパス・AO入試

2018年08月04日

オープンキャンパスを開催しました

本日、8月4日土曜日は、
オープンキャンパスを開催しました。


多くのご来場ありがとうございます。


模擬授業や体験コーナーのラインナップは、
以前お知らせしたとおりです



本日は、私が担当した、
「古地図で京都の歴史を仮想体験」を、
紹介しましょう。


江戸時代、昭和の古地図を見ながら、
京都の町の成り立ちと変化を、
追ってみる、体験です。


まずは、古地図の読み取り方、
注目ポイントをお伝えしました。


資料の読み取る方法は、
文化を研究する際に、
必要な力となります。


本日いらした方たちは、皆さん、
京都や日本の歴史に興味がある方で、
私の話をよく聴いてくださいました。


ちょっと調子に乗りすぎて、
お時間をいただきすぎたかもしれません。


本学科の学びに興味を持っていただけましたら、
また、いつでも、大学にお問い合わせください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:30Comments(0)京都オープンキャンパス・AO入試

2018年08月03日

アラビア語で「あんた サボール」

まるはば!
(アラビア語で「こんにちは」、
「丸くて幅のあるこんにちは」と覚えてください。
「マルハバン」でもいいですよ。)

今回はアラビア語で「あんた サボール」という文を
ご紹介します。

日本語でどういう意味でしょうか。
お答えいたします。

この文はアラビア語では次のように書きます。
أنت صبور ←
ルーボサ  タンア

アラビア語は右から左へ書かれ、読まれます。
英語や日本語(横書きの場合)とは逆方向なんですね。

アラビア語で「アンタ」はなんと「あなた」(男)という意味です!
「サボール」とは形容詞で「忍耐強い」「我慢強い」
という意味で、「サブール」とも発音されます。

つまり、アラビア語で「アンタ サボール」は、
日本語では「あなたは我慢強い」という
ほぼ反対の意味になるんですね。

オマーン女性を招いた授業の様子

みなさんもアラビア語を学習してみませんか。
アラビア語は国連の公用語の1つにもなっている
世界的にみてもメジャーな言語です。
本学では共通教育科目として「アラビア語」を提供し、
私が担当しています。

エジプト女性を招いた授業での1枚

写真のように、本学では授業に
アラブ人講師をゲストとして招き、
ことばだけでなくアラブの文化も学んでいますよ!

平成30年4月22日の本学オープンキャンパスでは
「アラブを通して見る日本」と題して模擬授業
を行う予定です。ぜひいらしてくださいね。

鷲見朗子(すみ あきこ)
人間文化学科 教員
  
タグ :アラビア語


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 16:00Comments(2)国際文化領域(多文化理解)授業紹介オープンキャンパス・AO入試アラビア語

2018年07月31日

8月4日5日はオープンキャンパスです


次の土曜日、日曜日、
8月4日、5日は、
オープンキャンパスです。


よろしければ、おいでください。


8月4日の人間文化学科は、
平野美保先生による模擬授業、
「ラジオ番組風 大学生の「学び」トーク
―国際日本文化学科のアレコレを紹介します!―」
を行います。

普段から学び実践している、
スピーチ、トークを、
学生自身が披露します。


体験コーナーは、
中里郁子先生が、
「聖書のみことばカードづくり」を行います。

聖書の中から言葉を選び、
カードに仕立ててみましょう。


また、私、長沼光彦が、
「古地図で京都の歴史を仮想体験」を担当します。

江戸時代の古地図の見方を、
体験してみます。



5日は、
岩崎れい先生が、
模擬授業「魅力的な図書館って、なんだろう?」
を行います。

現代では、図書館がどのような役割を果たしているのか、
お話します。


体験コーナーでは、
吉田朋子先生が、
「仮想ギャラリーツアー」を行います。

有名な美術館をまわる気持ちで、
絵画の見方を体験しましょう。


また、久野将健先生が、
「大作曲家の直筆を見る楽しみ」
を担当します。

有名な作曲家の直筆楽譜の、
ファクシミリ版を目にする体験ができます。


本学科の多様な学びを、
実際に体験する機会となります。

ぜひおいでください。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:24Comments(0)オープンキャンパス・AO入試

2018年07月26日

朗読コンサートを開きました

「日本語の朗読」の授業では、
毎年、自分たちで作り上げる「朗読コンサート」を実施しています。
2018年も7月18日に行いました。


授業が始まったころは、人前で表現することに対して、
恥ずかしさや、また、どのように朗読をするのかわからず、
「ただ読んでいるだけ」の人もいました。

しかし、この最終のコンサートでは、
聞いていて本当に楽しい「作品」にそれぞれ仕上がっていました。

この「朗読コンサート」のタイトルは「夏の小さな幸せ」ですが、
まさに幸せを感じるひとときとなったのではないでしょうか。




授業では、
この「朗読コンサート」に向けて、
15回ある授業の前半に、
短めの実践をしながら、「基本」を確認していきます。

そして、後半は、自分たちで意見を出し合い、
各グループで朗読を作り上げてきます。



多くのことでそうですが、頭ではわかっていても、
実際に「できる」とは限りません。

ましてや音声表現は、簡単そうに見えて、
案外難しく、なかなか思うようにはいきません。

ですが、この「朗読コンサート」に向けて、
皆で意見を出し合い、学びあい、高めあってきました。



その結果、この「朗読コンサート」で、
出演者も、鑑賞する側も、
朗読の世界に入っていける幸せなひとときとなったように思います。
 
ふざけるのとは違う「楽しさ」を十二分に感じながら、
真剣に向き合い実践していくことで、
ただなんとなく行うのとは違う、多くのことを得ているはずです。

自分たちで考え、表現してきたことは、必ず他でも役立ちます。



受講生の皆さんは、「活き活きと話す」ということがどういうことか、
もうわかっているのではないでしょうか。

人と一緒に何かを作り上げていくことがどういうことか、
(喜びなどを)感じているのではないでしょうか。



今回、得てきたことを
この授業で終わらせるのではなく、
様々な場面で活かしていっていただきたいと心から願っています。


写真撮影:長沼光彦
報告:平野美保
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:18Comments(0)話しことば教育授業紹介日本語日本文化領域オープンキャンパス・AO入試

2018年07月13日

15日は、オープンキャンパスです


15日は、オープンキャンパスです
よろしければおいでください。



人間文化学科の模擬授業は、
「日本と中国の漢字の話
―漢字辞典っていつどのように作られたの?―」
のタイトルで、朱先生が担当します。


体験コーナーは、
「アラビア語を使ってみよう」のタイトルで、
鷲見先生が、アラビア語の入門を案内します。


先日ご紹介したとおり、
週末は、祇園祭宵山が行われています。

オープンキャンパスの後に、
地下鉄四条駅で降りて、
ご覧になってはいかがでしょう。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:02Comments(1)オープンキャンパス・AO入試

2018年06月10日

オープンキャンパスを開催しました


本日、6月10日、日曜日は、
オープンキャンパスを開催しました。
多くのご来場ありがとうございます。



天気予報では雨でしたが、
幸い、閉会の時間まで、
強く降ることはありませんでした。


人間文化学科の模擬授業は、
「アニメで世界がひとつになる
~進撃の巨人は、世界の共通語~」のタイトルで、
私、長沼が担当いたしました。



アニメ「進撃の巨人」が、
ヨーロッパやアジアで、
広く受け入れられている状況を紹介し、
国際社会における、
日本文化の現状について、
お話しました。


政府が主導する、クールジャパンと、
実際に、ヨーロッパやアジアの人たちが、
好む日本の良さは、
必ずしも一致しないのではないかという、
話をいたしました。


体験コーナーは、
中里郁子先生による、
「聖書のみことばカードづくり」を、
行いました。


聖書の言葉を選んでいただき、
絵入りのカードを作りながら、
聖書に親しんでいただく体験です。

参加された皆様は、
楽しく色づけをなさっていたようです。


受験生の皆さんは、
これから進路を決める時期かと思います。
ぜひ、人間文化学科の学びを、
体験してみてください。


オープンキャンパスは、
また来月も行われます。
よろしければ、またおいでください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:22Comments(0)国際文化領域(芸術と思想)日本語日本文化領域オープンキャンパス・AO入試

2018年06月02日

6月10日はオープンキャンパスです


来週の日曜日、
6月10日はオープンキャンパスです。


よろしければ、おいでください。


人間文化学科の模擬授業は、
「アニメで世界がひとつになる
~進撃の巨人は、世界の共通語~」です。
私、長沼が担当いたします。

近年における、海外の、
日本アニメ人気について、
お話します。


体験コーナーは、
中里郁子先生による、
「聖書のみことばカードづくり」です。

絵入りのカードを作りながら、
聖書の言葉に触れていただきます。


高校生の皆さんも、
そろそろ、
具体的に進路を考える時期かと思います。

ぜひ、足を運んで、
本学の学びを体験してみてください。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:16Comments(0)オープンキャンパス・AO入試

2018年04月23日

4月22日は、オープンキャンパスでした


4月22日、日曜日は、
オープンキャンパスでした。


多くのご来場、
ありがとうございます。


人間文化学科の模擬授業は、
鷲見先生による、
「アラブを通して見る日本」です。


アラブ文化について、
知っていただいたうえで、
日本文化との違いについて、
紹介しました。


体験コーナーは、
私、長沼が担当する、
「小説を深読みする
―文学のアクティブラーニング体験―」
です。


こちらは、国文学概論で、
実際に行っている、
作業型の読解体験です。



本学のオープンキャンパスでは、
学生が活躍しています。

今回は、学科の紹介を、
学生スタッフが行いました。

学生スタッフは、
学内を案内する、
キャンパスツアーや、
大学生活を紹介する、
おしゃべりcafeなど、
担当しています。


よろしければ、
実際に、本学の学生と、
お話してみてください。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:44Comments(0)学生の活動報告国際文化領域(多文化理解)授業紹介日本語日本文化領域オープンキャンパス・AO入試

2018年03月25日

オープンキャンパスを開催しました


本日、3月25日は、
オープンキャンパスを開催しました。
多くのご来場ありがとうございます。



人間文化学科の模擬授業は、
平野美保先生の、
「気持ちが伝わる話し方」です。



人間文化学科の独自のプログラム、
「話しことば教育」の入門編です。

「話しことば教育」プログラムでは、
話しことばを中心に、
効果的なプレゼンテーションの仕方を学び、
実践しています。

今回は、話し方のコツを伝え、
来場していただいた方に、
実際に声をを出してもらいました。



体験コーナーは、
私長沼が、
「古地図で読む京都の歴史」を、
行いました。

これも学科で行っている、
実際に京都に赴きながら学ぶ、
実践的な授業、
「京都フィールドワーク」の入門編です。


京都に出かける前に、
準備しておきたい、
資料の読み方を、
体験してもらいました。

古地図は、こういうところに、
注目すると、
発見がありますよ、
実物の複写を紹介しながら、
お話しました。


ご来場いただいた皆様、
いかがでしたでしょうか。

よろしければ、
また次回もおいでください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:18Comments(0)オープンキャンパス・AO入試

2018年03月18日

3月25日はオープンキャンパスです


3月25日は、オープンキャンパスが、
開催されます



よろしければ、おいでください。


人間文化学科は、模擬授業が、
平野美保先生の、
「気持ちが伝わる話し方」です。

人間文化学科、独自の学び、
プレゼンテーションやスピーチの方法を身につける、
「話しことば教育」の入門編を、
行います。


体験コーナーは、
私、長沼が担当する、
「古地図で読む京都の歴史」です。

「京都フィールドワーク」の入門編、
古地図を読解する方法を、
体験します。


このブログで興味を持っていただけたら、
ぜひ、実際に体験してみてください。


報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:53Comments(0)オープンキャンパス・AO入試

2017年08月23日

オープンキャンパスで模擬授業をしました(8月20日)

こんにちは、人間文化学科の教員 吉田朋子 (担当科目は西洋美術史など)です。


8月20日に開催されたオープンキャンパスで
「西洋絵画解読 そのジェスチャーはいったいどういう意味?」というタイトルで
40分間の模擬授業をいたしました。

ヨーロッパ文化の源流は
ギリシア・ローマの古典古代、そしてキリスト教だといえますが
どちらも、「人間」が中心です。

そのため、美術作品でも、人間をいかに表現するか、が最重要となります。

そのおおきな手段のひとつが、身振り(ジェスチャー)。
ジェスチャーに注目すると、美術作品を理解するための様々なポイントが浮き彫りになります。

ロヒール
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 《ブラック祭壇画》(中央パネル 41×68㎝) 
1452~55年頃 ルーヴル美術館

こちらの作品のイエス・キリストの右手のポーズは
祝福を表します。 固定した約束事としての身振りの一例です。
(仏像の印相と似ていますね)

しかし、物語的な性格の強い作品では、より自然で、日常生活の延長にあるような身振りが必要になります。
それと同時に、鑑賞者の視線や感情を誘導することも必要です。


ジョット 《キリスト捕縛》 
1304~1306年 スクロヴェーニ礼拝堂 (パドヴァ)

ユダの裏切りが、マントでキリストを包み込む身振りで雄弁に語られています。
右の紫色の衣の人物は、キリストを指さして捕らえろと指示していますが、
同時に、わたしたち鑑賞者の視線も誘導しています。

そのほかにも、様々な作品を見ながら、
ジェスチャーを通じて、
作者の意図や鑑賞する私たちの心の動きを、
考えてみました。

高校ではあまり触れることのない「美術史」ですが、
楽しい学問です。 ぜひ、大学で親しんでいただきたいと思います。

(吉田朋子)

  
タグ :西洋美術史


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)国際文化領域(芸術と思想)オープンキャンパス・AO入試