2017年12月10日

2017年度 人間文化学科クリスマスコンサートを開催します

 
下記ポスターのとおり、来る12月18日(月)18:30より、本学ユージニア館3階 NDホールにて、人間文化学科主催のクリスマスコンサートを開催します。みなさん、ぜひご来場ください。




今年は、1年次生の磯端恵さんが初参加で、3歳から始めたというヴァイオリンを披露してくれます。ベートーベンのメヌエット、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」を演奏します。

また、本学女声合唱団が特別参加してくれます。海野洋司作詞、南安雄編曲 女声合唱のためのクラシカル・リリックス「きまぐれなエッセイ」より5曲「少年」「冬の花びら」などを歌います。

それから、うれしいことに、今年は特別ゲストとして、ピアニストの薬子尚代(やくし なおよ)さんが出演してくださいます。

ショパンの ノクターン 第2番と アルヴォ・ペルト作曲 「アリーナのために」を弾かれます。一曲目は誰もが知っている有名な作品ですが、二曲目はめずらしいですね。バルト三国の一つ、エストニアの作曲家だそうです。とても楽しみです。

薬子さんのプロフィールは以下の通りです。みなさんのお越しをお待ちしております。コンサートの最後には、クリスマスのお菓子、シュトーレンも出ますよ。




【薬子尚代 / Naoyo Yakushi / piano】
大阪音楽大学ピアノ科卒業。卒業後はコンサート活動や後進の指導にあたる。 ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院夏季講習にてソロ及び 室内楽の研鑽を積む。帰国後、音楽表現を「心の癒しや開放」という心理的な視点からミュージックセラピー、アートセラピー を学び、セラピストとピアニストを職業にする。その後、ジャズピアノの基本を青柳洋子氏に師事。




(報告者:堀勝博)

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)学生の活動報告大学生活ログ学科行事

2015年10月31日

時代祭の当番校

10月22日に行われた時代祭について、報告します。

私の住む下京区では、27年に1度、時代祭の当番が
学区(統廃合が進んでいますが、番組小学校時代の学区のままです)ごとに
回ってきます。
今年、私の住む学区が当番だったのでその様子をお伝えします。




時代祭の当番学区は、
当番の時代を担当することになります。
行列に参加する人を学区から出したり、
(籠持ちなどの若い人は、アルバイトの大学生さんです。
また、踊りなどを行う人も専門の方です。)
当日、かかる費用を負担したりします。

時代祭の前日、学区内の女性たちが集まり、着付け教室がありました。
当日、私の学区が担当する「徳川城使上洛列」の行列に参加される方全員の着付けは、
学区内の女性方によって行われます。

時代祭当日は、朝6時に小学校の体育館に集合して、
着付けを行います。
馬に乗られる方は、自宅での着付けになります。
朝8時からは、行列時に馬に乗られる方をお迎えに学区内を巡行します。





(ちなみに、こんな格好をしています。)

馬に乗られる方が馬に乗られたら、小学校に集合して、9時から学区内巡行を行います。
運動場に馬や様々な格好をした人が集まり、
いつもとは違う雰囲気が漂います。
時代祭の本番は、昼の12時に御所を出発ですが、
午前中は自分の学区を巡行します。






学区内巡行が終われば、
担いでいた籠などをトラックに積み込み、
行列に参加される方は大型バスで、御所に向かいます。
もちろん、馬たちもトラックで移動です。

次の写真が、実際に御所からの巡航の時の、私の学区の担当した
「徳川城使上洛列」の行列の様子です。




時代祭といえば、御所から平安神宮までの巡行のことと思われますが、
当日の午前中も行列が行われていることや、このように京都市民が祭を
支えているということを紹介させていただきました。

4回生:瀧口侑子  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 16:11Comments(0)京都大学生活ログ

2015年10月22日

時代祭に行ってきました!

今日10月22日は、京都の三大祭の時代祭の日です。

私達「基礎演習」のPクラス(吉田智子先生クラス)は、フィールドワークとして時代祭に行ってきました!


まずは今出川駅の4番出口で待ち合わせ。時代祭出発地点の御所「建礼門」へ向かいます。


「乾御門」をバックに集合写真!まだ行列が出発する前の時間帯でしたが、この時点でたくさんの見物客の方々が集まっていました。



ついに12時から時代祭!
大勢の見物客が見守る中、各時代の衣装を着た人々がゆっくりと歩いていきます。
なかなか普段見れない光景なので、拍手を送ったり、カメラで撮影したりとみんなそれぞれとても楽しんでいました。


約二時間もの間、行列の最後尾まで見物し終わった後、記念にまた集合写真!

本当に貴重な時間を過ごす事ができました!
また機会があれば今回の様にみんなでフィールドワークを楽しみたいです!

報告者:たけばな(「基礎演習」Pクラス)

  
タグ :時代祭


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:16Comments(0)京都フィールドワーク京都大学生活ログ