2017年05月17日

声を出すところから始める 国語科教育法Ⅰ

国語科教員を目指す授業、
国語科教育法Ⅰでは、
声を出すところから、はじめます。



国語に関する知識、
文章読解の方法、とかから、
はじめないのですか、
と疑問に思われるかもしれません。


もちろん、読解の方法など、
基礎的な知識は、大切ですが、
それらは、また別に勉強してもらいます。


国語科教育法Ⅰは、
国語という科目を教える方法を、
学ぶ科目です。



教育現場で授業をするためには、
口頭で説明しなければなりません。

口頭で説明するにも、
いろいろな技能が必要ですが、
まずは聞き取りやすく、
声を出す必要があります。

とはいえ、人前で話す機会は、
なかなかないでしょう。

というわけで、
まずは声をだすところか、
始めることにしています。



人間文化学科では、
話しことば教育という名称で、
プレゼンテーションやスピーチの方法を、
学んでいます。

そこで学んだことも、
国語科教育法でも、
活かしてほしい、
と思っています。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
卒論が終わると
プレゼンテーションパネルをつくる
LINEで質問を受ける
2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました
3年生も卒論の準備をしています
声を出す 授業を参観しました
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 卒論が終わると (2017-12-08 20:11)
 プレゼンテーションパネルをつくる (2017-12-07 19:19)
 LINEで質問を受ける (2017-12-03 21:11)
 2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました (2017-11-30 22:46)
 3年生も卒論の準備をしています (2017-11-29 21:29)
 声を出す 授業を参観しました (2017-11-20 17:20)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:48 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域国語科教諭免許

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。