2018年02月16日

誰もが物語を持っている


昨日は、オリンピックで、
入賞出来なかった選手でも、
それぞれ物語を持っている

という話をしました。



話を広げれば、
私たちは、誰もが、
物語を持っています。

そして、それを知ってほしい、
という気持ちを持っているのではないか、
と思います。


そういうわけで、インスタや、
ツィッターをしたい、
という気持ちになるのではないでしょうか。


ただ、インスタや、ツィッターは、
物語というには、
はじまり、つづき、おわり、
という展開がありません。

物語の素と、
いうべきものかと思います。


これらを、物語にしていくには、
それなりに整理して、
語る、話をする、あるいは、書き綴る、
必要があるでしょう。


普段から、そこまで、
自分の物語を、
つくりあげる人は、
あまりいないかもしれません。


しかし、ときには、
物語ることが必要なときも、
あるのではないかと思います。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
お月見はいかがでしたか
キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました
夏休みをおわりたくないという声もあります
夏休みの終わりに学生と会う
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
なぜ学ぶのか
同じカテゴリー(日記)の記事
 お月見はいかがでしたか (2018-09-26 21:31)
 キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました (2018-09-23 23:06)
 夏休みをおわりたくないという声もあります (2018-09-22 18:11)
 夏休みの終わりに学生と会う (2018-09-20 20:55)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)
 なぜ学ぶのか (2018-09-18 20:31)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:34 │Comments(0)日記日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。