2017年03月20日

お祝いしてもらいました


今月は、卒業式や、
入学生を迎える準備など、
いろいろありました。



研究室を空けていた間に、
ゼミの学生が、
ドアのところに、
花束をかけておいてくれました。


ホワイトボードに、
メッセージが残されています。

卒業年度のゼミ生から、
誕生日のお祝いでした。
ありがとうございます。



この時期春休みなので、
学生は大学にあまり来ないのですが、
用意をしてくれたようです。

やはりお祝いしてもらえると、
嬉しいですね。


今は、家の玄関に飾ってあります。



報告:長沼光彦


タグ :お祝い

同じカテゴリー(日記)の記事画像
自分の物語を肯定する
世の中では物語を求められる
京都市営地下鉄にポスターが掲載されます
小平奈緒金メダル いろいろな物語
入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました
物語を持つ人は誰でも主役
同じカテゴリー(日記)の記事
 自分の物語を肯定する (2018-02-24 20:04)
 世の中では物語を求められる (2018-02-22 21:42)
 京都市営地下鉄にポスターが掲載されます (2018-02-21 15:00)
 小平奈緒金メダル いろいろな物語 (2018-02-20 17:21)
 入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました (2018-02-19 20:42)
 物語を持つ人は誰でも主役 (2018-02-18 17:27)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:58 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。