2017年03月19日

門前菓子を楽しむ


寺社に近くには、
名物の門前菓子があることが、
多いですね。


(写真は、今宮神社、かざりやさんの、
あぶり餅です。)


神仏を参るのに、
お菓子に気を取られていいのか、
と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
門前菓子の歴史は古いものです。



多くは、江戸時代頃にはじまるものですが、
原型は、室町時代くらいまで、
さかのぼるものもあります。

江戸時代の古地図の中には、
京都の名物が書かれているものもあります。

(写真は今宮神社です。)



いずれにせよ、人の集まる場所には、
楽しみがつきものということですね。


神仏と縁を結ぶことが大切だとすれば、
お菓子が縁で、足を運ぶのも、
良いきっかけと言えるかもしれません。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(京都フィールドワーク)の記事画像
夏越の祓の思い出 続 学生のフィールドワーク
夏越の祓の思い出 学生のフィールドワーク
祇園祭の思い出 学生のフィールドワーク
京の七夕 学生のフィールドワーク
祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス
祇園祭 宵山
同じカテゴリー(京都フィールドワーク)の記事
 夏越の祓の思い出 続 学生のフィールドワーク (2017-08-15 17:00)
 夏越の祓の思い出 学生のフィールドワーク (2017-08-14 17:00)
 祇園祭の思い出 学生のフィールドワーク (2017-08-12 17:00)
 京の七夕 学生のフィールドワーク (2017-08-09 17:00)
 祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス (2017-07-29 17:30)
 祇園祭 宵山 (2017-07-15 20:06)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23 │Comments(0)京都フィールドワーク京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。