2017年04月24日

キャリアチャレンジ 基礎演習


1年生の基礎演習では、
キャリアチャレンジという、
制度の利用をお勧めしています。

(キャンパスの桜は散ってますが、
せっかく撮ったので、今回お見せしました。)


キャリアチャレンジは、
漢字検定や実用英語技能検定など、
資格の取得を目指すものです。

チャレンジしやすいように、
検定料の一部を援助しています。



というのは、
1年生のうちから、
履歴書に書けるような、
資格の取得を目標にしてほしいからです。

就活は、まだ先のような気がしますが、
履歴書に書くためには、
それなりの準備が必要です。

早い内から、少しでも意識して、
準備をしてほしい、
という意図です。



先日紹介した、
1年生が全員受検する、
日本語検定
も、
キャリアチャレンジの一環です。


せっかく大学に入ったのですから、
目標を持って、取り組んでみると、
良いのではないでしょうか。

(こちらは、4月中頃のご近所の桜です。
きれいですね。)


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:41Comments(0)授業紹介

2017年04月23日

オープンキャンパスを開催しました

本日、23日日曜日は、
オープンキャンパスを開催しました。


多くのご来場ありがとうございます。


今年最初のオープンキャンパスとなり、
学生スタッフも新しいメンバーを迎えました。



1年生のスタッフは、
まだ慣れないところもあったかもしれませんが、
それぞれ、本学の良いところを伝えたいと、
スタッフに加わった学生です。

また、いらしたときには、
ぜひ、大学の様子を、
学生の目線から聞いてみてください。
今後とも、よろしくお願いします。


昨年も行いましたが、
食堂には、お菓子を楽しみながら、
本学の学生と話していただく、
カフェコーナーを用意しています。
こちらもご利用ください。


今回は、茶道部が参加して、
お茶を用意いたしました。




人間文化学科の模擬授業は、
吉田朋子先生の、
「絵画の見方」です。


いくつか絵画作品を見てもらって、
その絵画について語る、
ギャラリートークにチャレンジしてもらいました。

絵を言葉にする、
というのは、なかなか難しいかな、
と思っていましたが、
参加した皆さんは、
積極的に、自分で気づいた点を、
コメントしてくれました。

絵を知るためには、
知識も必要なのですが、
絵のどこに着目するか、
目の付け所を発見することも大切です。

今回のように、
絵を見て、言葉にできれば、
これをきっかけとして、
絵を説明する力を、
身につけることができるでしょう。


体験コーナーでは、
鷲見朗子先生が、
アラビア語入門講座を、
行いました。

一度ご覧になったことがある方は、
筆記されたアラビア語が、
どこで切れるのかな、
と思ったりするかもしれません。

まずは、その種類を知っていただいたうえで、
名前を書いてみましょう、
というところから体験してもらいました。

よろしければ、
これをきっかけに、
アラビア語の勉強を、
始めてみてはいかがでしょう。


もうひとつの体験コーナーは、
私、長沼が、
地図の書き方、見方の話をしました。

近年は、グーグルマップなど、
インターネットで提供される、
地図情報が便利です。

ですが、この地図情報に慣れると、
目的地まで、点から点へと移動して、
あまり周囲を見ないのではないかと思います。

実は、地図は、読み物と似ていて、
いろいろな情報を読み取ることができます。
目的地ばかりみないで、
その周辺を、面的に眺めてみると、
いろいろ発見があります。

特に、先日紹介した、
古地図などは、
その時代の人の考え方が、
反映されていて、
じんわり眺めると、
面白いところが見えてきます。

本日は、調子にのって、
古地図も取り出し、
京都の歴史も、話してしまいました。



オープンキャンパスは、
月ごとに、模擬授業や体験コーナーが、
変わります。

よろしければ、またおいでください。

報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:46Comments(0)日記学生の活動報告多文化理解領域芸術と思想領域日本語と日本文化領域

2017年04月22日

桜の季節も過ぎ 花のある大学48


キャンパスの桜も散り、
葉桜になってきています。


ぼーっと立っていましたら、
何見てるんですか、
花は散ってますよ、
と学生に声をかけられました。


花びらは散ったけれども、
まだ花弁が残っているから、
うっすらと桜の色が残っている、
感じがしないですか、
と答えました。


うーん、という、
あまり共感しない表情です。


あそこの、正門の桜は、
まだ散っていない花があるのだ、
と指さします。


こちらは、あ、ホントだ、
との反応。



春は、急に過ぎ去るわけではなく、
ところどころに名残がのこっている。
そういう名残を探すのも、
なかなか風情があるのではないかなあ、
と言ってみましたが、
ふーん、という感じです。

まあ、理屈が過ぎたようです。



ただ、この桜の名残、
夜になってみると、
薄い桜色が浮かび上がるようで、
理屈ぬきに、
味わいがあるように思います。



これも、いずれ新緑に変わるわけですが。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年04月21日

フレッシュマンセミナー・伏見稲荷コース

4月18日は、フレッシュマンセミナーでした。フレッシュマンセミナーは、
大学の学びを理解することまた、他者との交流の場でもあります。

午前は、学部の先生の紹介、名刺交換、クイズ大会など交流の輪をひろめ、
午後は、京都の有名な観光地をコースに分かれて巡りました。
金閣寺、清水寺、祇園、伏見稲荷など様々なコースがあり、
京都に来たら一度は行ってみたい場所だらけ\(^o^)/

私たちのコースは伏見稲荷に行きました!赤い千本鳥居でご存じですよね?
伏見稲荷はなんと外国人観光客人気ナンバーワンで、
平日にも関わらず、この日も大勢の観光客で賑わっていました。




おもかる石も体験しました!
重いと感じた人もいれば、軽いと感じた人もいてそれぞれでしたが、
一回生のみんなが楽しそうに会話していて良かったです!


伏見稲荷は、すごく写真映えします。各自で写真を撮っていました。
近くに屋台やお店も沢山あるので、歩いてお腹が空いても満たすことができます。




下見に行ったり授業後残ったり、大変なこともありましたが、
今回のフレッシュマンセミナーのリーダーをやらなければ、
一回生と交流する機会もなかったので、とても良い経験になりました。
実際に京都文化に触れ、様々な思いを感じて貰えたと思います。
また、私たちの姿を見て、来年フレッシュマンセミナーのリーダーを、
やってみたいと思う人が出てきてくれたら嬉しいです。




最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^v^)

二回生   森下 世梨花
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:48Comments(0)学生の活動報告京都学科行事

2017年04月20日

地図の見方の話をします 日曜日はオープンキャンパス


今度の日曜日、4月23日は、
オープンキャンパスです。


昨日紹介しました、
マイ古地図の話をふまえて、
地図の見方体験をしようと思います。

どのような体験かは、
来ていただいてのお楽しみ、
ということで、
よろしくお願いします。



模擬授業は、吉田朋子先生の、
「絵画の見方」入門です。

西洋美術の注目ポイントを、
紹介いたします。



もうひとつの体験コーナーは、
鷲見先生の、
「アラビア語を使ってみよう」です。

英語は、学校で学ぶので、
身近な言語ですが、
アラビア語を知る機会は、
なかなかないのではないかと、
思います。


この機会に、ぜひ体験してみてください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23Comments(0)日記授業紹介

2017年04月19日

マイ古地図を作っています


今年の長沼担当2年次発展演習は、
「京都でプレゼンしよう」というテーマで、
授業をしています。


京都を、自分の興味あるテーマで調べて、
プレゼンパネルを作成するなど、
発表形式も工夫してみよう、
というものです。


まずは、
京都の成り立ちを知るために、
古地図を使って、
歴史と地理を俯瞰してみようと思います。


大学図書館には、江戸時代の京都古地図、
「改正京町繪圖細見大成  洛中洛外町々小名」
(天保2年(1831年)7月開板、
書肆 文叢堂 竹原好兵衛、
考正 池田東籠亭)
があります。

これを写真撮影したものを、
分割してプリントアウトして、
それぞれ貼り合わせてもらうところから、
はじめました。



図工の時間のようで、
楽しいかと思ったのですが、
なかなか不評です。

まあ、面倒ですよね。

とはいえ、自分で作ってもらった方が、
勉強になります。

ひとりひとり古地図を作成してもらい、
そこに、いろいろと記入していくと、
地図の見方もわかり、
京都の歴史について、
発見することになります。



地図を読み始めたら、
面白くなりますから、
と説得して、
次回に続くことになりました。


報告:長沼光彦
  
タグ :古地図


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:58Comments(0)授業紹介京都日本語と日本文化領域

2017年04月18日

フレッシュマンセミナーを開催しました

本日は、新入生の歓迎会、
フレッシュマンセミナーを開催しました。


大学全体の行事ですが、
学科ごとに、内容は異なります。


人間文化学科は、
午前中に、親睦イベント、
午後は、京都散策、
という日程です。


まずは、本日のグループに分かれます。
午後の京都散策(エクスカーションと呼んでいます)の、
グループです。


週一で会う基礎演習とは、異なるメンバーで、
お知り合いを増やしてもらうためです。


まずは簡単な自己紹介から、
始まります。


本日の運営に携わる2年次生の自己紹介、
また、1年次生の他に、
交換留学生も加わっているので、
こちらも自己紹介をしました。

教員も、この機会に、
自己紹介をいたしました。



続いて、名刺交換アクティビティを行います。
自作の名刺を交換して、
知り合いを増やしてもらう、
イベントです。


どうせならば社会常識も知っていただこうと、
堀勝博先生が、名刺交換のマナーを、
紹介しました。



名刺交換で盛り上がったところで、
本日のグループ対抗、クイズ大会を開きました。


本学にちなんだ問題や、
京都に関わる問題が、
出題されました。

グループであれこれと相談しながら、
答をひねり出したりする中で、
親睦が深まったようです。

いろいろ、一緒に活動してみるのは、
楽しいですね。


その後は、昼食。

そして、午後は京都に散策に出かけたわけですが、
その話はまたの機会にいたします。



報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:36Comments(0)学生の活動報告学科行事

2017年04月17日

キャンパスの枝垂れ桜 花のある大学47


先日、鴨川沿い、半木(なからぎ)の道の
枝垂桜(しだれざくら)を紹介しました。


キャンパスにも、
噴水前に、枝垂桜が花を咲かせています。



この枝垂桜は、新キャンパスになる前から、
食堂前の中庭で花を咲かせていました。


キャンパス整備に伴い、
場所を移してもらったわけですが、
無事に花を咲かせています。



1年生と2年生は、
昔の様子は知らないと思いますが、
新しいキャンパスの中に、
変わらないものも、
あるわけです。



毎年、春が来るたびに、
美しい花を見せてくれる。


1年過ごすと、
そういうものに、
愛着が生まれてくるようです。


報告:長沼光彦  
タグ :枝垂桜


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:31Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年04月16日

日本でもイースター


本日は、イースター(復活祭)です。


日本でも、イースターを、
行おうという企画があります。

テレビのCMで流れているものでは、
ユニバーサルスタジオジャパンの、
ユニバーサル・イースター・セレブレーション、
があります。


ところで、
みなさんは、
イースターをご存知でしょうか。

復活祭の名のとおり、
キリストの復活を祝う日です。

教会でも行事が行われますが
民間では、たまごを探すイベントが、
行われたりします。

イースターエッグといい、
もとは生命の象徴として、
考えられたようです。



日本で、大々的なイベントとなったのは、
近年のことのようです。

ただ、欧米の文学作品などを通じて、
ご存じだった方も多いかと思います。

スヌーピーなど、漫画にもエピソードとして、
登場します。


せっかくですから、
イースターのいわれも知って、
春の訪れを祝うのも、
楽しいかと思います。



報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:44Comments(0)日記カトリック教育

2017年04月15日

使える日本語力を身につける 基礎演習

基礎演習は、新入生が
大学での学び方を知るための、
少人数ゼミです。



文献調査の仕方や、
レポートの書き方など、
実践的に学びます。


人間文化学科では、
1年次から、基礎的な力として、
使える日本語力の習得を、
目標としています。

1年次生は、全員、
日本語検定を受けることにして、
前期、基礎演習の後半は、
日本語検定講座を、
開きます。


(高校で受検している人は、
さらに上の級を目指してもらいます。)


レポートを書くうえでも、
基本的な日本語力は必要です。

また、将来社会人になったときに、
常識的な日本語を使えた方が、
良いですね。


そういうわけで、
将来も見据えて、
1年次生は、
大学生活をスタートします。




報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)授業紹介