2019年08月23日

オマーン留学生との交流(その1)

今年も日本オマーンクラブ主催によるイフタールの会(関西)
の開催に協力させていただきました。イフタールというのは、
イスラームの断食月ラマダーン中の日没時にとる断食明け
の食事のことです。

オマーン留学生との交流(その1)

オマーンクラブの関係者の方々、そしてオマーンの留学生の
方々と京都ノートルダム女子大学でアラビア語を学ぶ学生が
5月に京都のインド料理屋さんで集い、イフタールを頂きながら、
交流を深めました。このように有意義で楽しい時間を過ごせた
ことに感謝をしたいと思います。  国際日本文化学科教員 鷲見朗子

ここからは学生の感想になります。

私はイスラム教徒の方とお会いするのが初めてのことだったので、
どのように食事が始まるのかドキドキして待っていました。
まず、はじめに口にするものはデーツです。
デーツとはナツメヤシの実のことで、栄養素が豊富に含まれている
ために断食しているときは最初に食べるとお話を伺いました。

オマーン留学生との交流(その1)

その後は、オマーンの学生の方と交流会を行い、通訳をして
いただきながら日本とオマーンの違いについてお話ししました。
その中で特に印象に残ったのはオマーンには綺麗なお城や
建物があることです。日本では木造のお城に金のシャチホコ
や石垣が特徴ですが、オマーンはシンプルな白を基調としたお城です。
ほとんど雨が降らない国ということもあり青い空と
真っ白なお城のコントラストはとても綺麗です。
オマーンは遠い中東の国ですが、起伏に富んだ国であり
雪を見ることができるなど自然豊かな場所です。
そういったところは日本と似ているのかもしれません。

オマーン留学生との交流(その1)

オマーンと日本は古くから親交関係がありその年月は400年にも
及ぶそうです。短い時間でしたがすごく貴重な時間を過ごすことが
できました。またこのような機会があれば是非参加したいです。(M.I.)


同じカテゴリー(国際文化領域(多文化理解))の記事画像
オマーン留学生との交流(その3)
オマーン留学生との交流(その2)
アラビア語で「あんた サボール」
寛容な交流
公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
同じカテゴリー(国際文化領域(多文化理解))の記事
 オマーン留学生との交流(その3) (2019-08-25 10:32)
 オマーン留学生との交流(その2) (2019-08-24 09:05)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2019-01-01 16:00)
 寛容な交流 (2018-11-12 18:19)
 公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました (2018-11-11 21:38)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 09:18 │Comments(0)国際文化領域(多文化理解)アラビア語学生の活動報告

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。