2019年08月25日

オマーン留学生との交流(その3)

イスラームの日没時に断食を解く食事である
イフタールの会を開いてくださった
日本オマーンクラブの皆さまへ感謝します。

参加した本学科の学生もみな報告しているように、
今回実際にオマーンの留学生と
交流できたことで、視野が広まったのかなと感じます。

これをきっかけにイスラーム文化への理解も深めてほしいです。
写真もみなとても楽しそうです!

国際日本文化学科教員 鷲見朗子

以下は学生の感想です。

鷲見先生の授業を受けていなければ、オマーンの方々と
お話する機会はなかったと思うのでこの食事会に
参加できたことにとても感謝します。オマーンクラブの方々、
鷲見先生ありがとうございます。



本や授業などからでは、その国々の代表的な文化や、
過去の文化しか知ることができないですが、
食事会を通して今のオマーンでの流行りや
おしゃれのお話をできたのが楽しかったです。
特に、オマーンの方々の好きなアーティストを
聞かせていただいたのがとても新鮮で印象に残っています。
オマーンの皆様は社交的な方が多く、たくさん
話しかけていただき、とても楽しい時間を過ごせました。
また機会があれば食事会に参加させていただきたいです。(K.M.)



初めて、イスラム文化のイベントに参加して想像していた
よりずっと楽しかったです。参加してた人達も全員優しく、
少し寡黙なイメージがあったのですが、
たくさんお話してくれたのが印象的でした。
ドラマや映画、またニュースなどから知る、私がもっていた
イスラム教徒のイメージとは違っていて、
もっと理解を深める必要性を感じました。
今回はこのような貴重な体験に誘っていただき
ありがとうございました。 (M.K.)
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 10:32Comments(0)学生の活動報告国際文化領域(多文化理解)アラビア語

2019年08月24日

オマーン留学生との交流(その2)

イフタールというのは、イスラームにおいての
断食明けの食事のことです。
学生たちが参加したのが、日本オマーンクラブ主催による
イフタールの食事会です。



学生の感想のつづきです。

オマーンはインド洋とオマーン湾に隣する中東の国です。
今年のラマダン期間中のディナーで私たちはオマーンの方々と
国際交流をしました。初めて中東の方と交流するにあたって
わたしはあまり知識がなく、中東地域の人々はどんな性格なのか、
うまく言葉を伝えられるか、など不安に思うことが多くありました。
しかし、交流が始まるとすぐにその不安はなくなりました。



私たちと同じ世代のオマーンの学生の方達はとても優しく、
ユーモアのある方達でした。私たちは拙い英語とアラビア語で
会話をし、お互いの国や文化について質問をしあい交流を深めました。
わたしが特に驚いたことはオマーンでは日本のアニメが放送されて
いるということです。またオススメの観光地を聞いたところ「砂漠が有名よ」
と丁寧に説明してくれました。今回のこの交流会で私自身オマーンの
方たちに対する理解が深まりました。そしていつかオマーンに行って
みたい!と強く思いました。
本当に素敵な時間と出会いに感謝したいと思います。(K.S.)

オマーンの食事
異国の文化を感じられる食卓を囲んで、オマーン人の方々とお話をしました。
もともと多国籍料理が大好きなので、食べたことがあるなあというものから、
初めて見るスイーツなど様々でした。



中でも気に入ったのは、オマーンから持ってきてくださった、デーツの実です!
このデーツの実は、オマーン人にとってとても馴染みの
深いフルーツなのだそうです。また、栄養価の面でも非常に優秀なようで、
小さな頃から食べている人々も多いとお聞きしました。
さらに、今回いただいたデーツの実。一緒に食べていたオマーン人の方も、
新鮮なものだとおっしゃっていて、そのおいしさもあり、食事を始める前は
大皿に溢れるほど盛られていたデーツの実は、食事が終わった頃には
ほとんど残っていなかったです。
たくさんの方々と、たくさんの料理を共に楽しみながら
お話しすることができました。このような機会を与えて下さった、
オマーンクラブの方々、鷲見先生ありがとうございました。(K.K.)

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 09:05Comments(0)学生の活動報告国際文化領域(多文化理解)アラビア語

2019年08月23日

オマーン留学生との交流(その1)

今年も日本オマーンクラブ主催によるイフタールの会(関西)
の開催に協力させていただきました。イフタールというのは、
イスラームの断食月ラマダーン中の日没時にとる断食明け
の食事のことです。



オマーンクラブの関係者の方々、そしてオマーンの留学生の
方々と京都ノートルダム女子大学でアラビア語を学ぶ学生が
5月に京都のインド料理屋さんで集い、イフタールを頂きながら、
交流を深めました。このように有意義で楽しい時間を過ごせた
ことに感謝をしたいと思います。  国際日本文化学科教員 鷲見朗子

ここからは学生の感想になります。

私はイスラム教徒の方とお会いするのが初めてのことだったので、
どのように食事が始まるのかドキドキして待っていました。
まず、はじめに口にするものはデーツです。
デーツとはナツメヤシの実のことで、栄養素が豊富に含まれている
ために断食しているときは最初に食べるとお話を伺いました。



その後は、オマーンの学生の方と交流会を行い、通訳をして
いただきながら日本とオマーンの違いについてお話ししました。
その中で特に印象に残ったのはオマーンには綺麗なお城や
建物があることです。日本では木造のお城に金のシャチホコ
や石垣が特徴ですが、オマーンはシンプルな白を基調としたお城です。
ほとんど雨が降らない国ということもあり青い空と
真っ白なお城のコントラストはとても綺麗です。
オマーンは遠い中東の国ですが、起伏に富んだ国であり
雪を見ることができるなど自然豊かな場所です。
そういったところは日本と似ているのかもしれません。



オマーンと日本は古くから親交関係がありその年月は400年にも
及ぶそうです。短い時間でしたがすごく貴重な時間を過ごすことが
できました。またこのような機会があれば是非参加したいです。(M.I.)
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      国際日本文化学科(人間文化学科)  at 09:18Comments(0)学生の活動報告国際文化領域(多文化理解)アラビア語