2018年12月05日

卒論はたいへんですが


ただいま、4年生は卒論の執筆中、
という話をしました




4年生は、就活もあるので、
卒論はたいへんだ、
という言葉は、よく耳にします。


実際、卒論を課していない大学も、
あります。


ただ、卒論を経験するか、
していないかで、
当人の得るものは、
大きく違うと思います。


例えば、多くのアイデアを、
それなりの長さの文章に、
わかりやすくまとめる、
経験は、なかなかないことだと思います。


そういう経験を通じて、
アイデアを整理して、
筋道を通すには、
どうしたら良いか、
というコツをつかむことになります。

教員のアドバイスを得て、
こうしたら、うまくいくのか、
という発見があります。


アイデアの整理と伝達は、
クリエイティブな仕事をする、
基本です。

そういう技能は、
社会にでたときに、
むしろ、必要になるものだと思います。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
今週は、クリスマスのイベントがもりだくさんです
自分の理解できない世界を知る
明日15日は、入試相談会です
【ご案内】 人間文化学科クリスマスコンサートを実施します
今季一番の冷え込み
文化は世の中がつくる
同じカテゴリー(日記)の記事
 今週は、クリスマスのイベントがもりだくさんです (2018-12-17 21:01)
 自分の理解できない世界を知る (2018-12-15 21:41)
 明日15日は、入試相談会です (2018-12-14 21:05)
 【ご案内】 人間文化学科クリスマスコンサートを実施します (2018-12-13 19:02)
 今季一番の冷え込み (2018-12-11 22:16)
 文化は世の中がつくる (2018-12-10 19:53)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:07 │Comments(2)日記授業紹介

この記事へのコメント
自分のテーマを文章で伝えるのはなかなか難しいですよね。
山崎
Posted by guildguild at 2018年12月06日 10:39
もう、そういう時期なのですね!
大変だとは思いますが、確かに得るものは大きのでしょうね。

みのる
Posted by guildguild at 2018年12月06日 20:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。