2018年11月30日

クリスマス・イルミネーション

本日、11月30日、
クリスマスイルミネーション点灯式を、
行いました。



本学のクリスマスイルミネーションは、
カトリックの、待降節(アドベント)に、
基づいています。



点灯式で、はじめに挨拶をした、
理事長と学長から、
イルミネーションの意義が説明されました。



待降節(アドベント)は、
クリスマスまでの4週間に、
4つのろうそくにひとつずつ、
灯をともしていく儀式です。



そのろうそくの灯に、
ちなんで、イルミネーションを点します。


イルミネーションが点灯された後は、
ハンドベル部の演奏が行われました。



キャンパスに、
一足はやく、クリスマスの趣が、
もたらされました。



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
今週は、クリスマスのイベントがもりだくさんです
自分の理解できない世界を知る
明日15日は、入試相談会です
【ご案内】 人間文化学科クリスマスコンサートを実施します
今季一番の冷え込み
文化は世の中がつくる
同じカテゴリー(日記)の記事
 今週は、クリスマスのイベントがもりだくさんです (2018-12-17 21:01)
 自分の理解できない世界を知る (2018-12-15 21:41)
 明日15日は、入試相談会です (2018-12-14 21:05)
 【ご案内】 人間文化学科クリスマスコンサートを実施します (2018-12-13 19:02)
 今季一番の冷え込み (2018-12-11 22:16)
 文化は世の中がつくる (2018-12-10 19:53)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:26 │Comments(0)日記カトリック教育

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。