2018年11月02日

自分で調べる


2年ゼミ、発展演習では、
古地図を見ながら、
京都の文化を学ぶワークをしています




ひととおり、
資料の見方を紹介したところで、
今度は、受講生の皆さんが、
自分でテーマを見つけて、
発表する、という段階になります。


受講生の中には、
教員の話を聞いているので、
じゅうぶん、と言う人もいます。


話を面白い、と思ってもらえるのは、
良いのですが、
今度は、その面白いを、
他の人に提供される面白さではなく、
自分で発見して伝える面白さ、
にしてほしいのです。


自分で面白さを見つける姿勢が身につくと、
案内する人がいなくても、
どんどん面白さを広げていくことができます。

(もちろん、
案内してくれる人がいてくれると、
良い場合もありますが。)


そんなわけで、
2年次ゼミでは、
面白さを見つける練習を、
するわけです。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
SPI講座を実施しました -3年次ゼミ
映画と原作は違う
好きなものを論じるのは難しい
卒業制作目的でフィールドワークに行きました(蘆山寺)
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論 (2018-11-19 17:00)
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ (2018-11-17 20:19)
 映画と原作は違う (2018-11-16 20:48)
 好きなものを論じるのは難しい (2018-11-14 22:03)
 卒業制作目的でフィールドワークに行きました(蘆山寺) (2018-11-08 17:59)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:02 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域アクティブラーニング京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。