2018年10月31日

卒業生が新聞連載中!

現在、美術館「えき」KYOTO (ジェイアール京都伊勢丹7階)では
『国画会90年 孤高の画家 渡辺貞一』展を開催しています。
(会期は11月11日(日)までです)



実はこの展覧会の特任学芸員をつとめているのが、
人間文化学科の卒業生なのです。

今週月曜日から、京都新聞夕刊で、
「祈りの極北を描く-渡辺貞一展から」と題して
5回の連載が掲載されていますが、こちらも執筆!

こちらは第1回目(ちょっと写真が斜めですみません)


そして第2回目(やはり写真が斜めですみません)


この展覧会は、洋画家・渡辺貞一(1917-1981)の画業を紹介するもの。
青森県出身ですが、京都とは縁があり、
京都在住のコレクター中井昌美氏のコレクションが
青森県七戸町に寄贈されています。
今回の展覧会は、この寄贈作品を中心にして、
その他の作品もあわせて展示することで、画業全体を理解することができる構成になっています。

実際に観覧しましたが、連載第2回にもあるように、
特に色彩感覚が印象的でした。

新聞連載は今週金曜まで続きます。
展覧会は11月11日まで。ぜひチェックしてください!

卒業生の活躍は、うれしいものですね。

(報告 吉田朋子)



同じカテゴリー(卒業生)の記事画像
ブラジルから ―海外ボランティア日本語教師・近藤ゆみさん
戻りたくなる大学
【速報】 教員採用 おめでとう!
卒業生が話してくれたこと 8月5日オープンキャンパス
1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」  大谷由里子先生による特別講義を実施
基礎演習合同授業「きもの学 事始め ―コワくて遠い着物をもっと身近に」を実施
同じカテゴリー(卒業生)の記事
 ブラジルから ―海外ボランティア日本語教師・近藤ゆみさん (2018-10-05 17:00)
 戻りたくなる大学 (2017-11-05 19:56)
 【速報】 教員採用 おめでとう! (2017-09-22 21:20)
 卒業生が話してくれたこと 8月5日オープンキャンパス (2017-08-18 15:00)
 1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」 大谷由里子先生による特別講義を実施 (2017-07-30 17:00)
 基礎演習合同授業「きもの学 事始め ―コワくて遠い着物をもっと身近に」を実施 (2017-07-06 18:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:39 │Comments(1)卒業生

この記事へのコメント
絵画の世界は奥が深いですね。
見ているだけで、絵に溶け込まれそうですね。
「かつらえいじ」
Posted by guildguild at 2018年10月31日 21:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。