2018年10月19日

古地図でイメージを広げる


2年次ゼミでは、古地図を読む、
ワークをしています




京都の昔の地図ですから、
そのままでは、どんな場所か、
イメージが湧いてきません。


まずは、自分のよく行く場所を、
思い浮かべてもらいます。


京都には、河原町という、
鴨川沿いの繁華街があります。
そういう場所でも、良いですね。

それは古地図で、
ここらへんにある、
と確認してみます。


川など大きな地形は、
変わっていませんから、
現在の場所と結びつけることができます。


そんなふうにして、
地図を具体的な場所と、
結びつけるところから始めます。


報告:長沼光彦


同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
第2回 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ
卒業後のキャリアは!?
日本語コミュニケーションⅡ テレビから学ぶ
アラビア語で「あんた サボール」
(今年の思い出)図書館での展示
自分の理解できない世界を知る
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 第2回 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ (2019-01-20 12:00)
 卒業後のキャリアは!? (2019-01-16 21:14)
 日本語コミュニケーションⅡ テレビから学ぶ (2019-01-11 19:17)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2019-01-01 16:00)
 (今年の思い出)図書館での展示 (2018-12-29 22:00)
 自分の理解できない世界を知る (2018-12-15 21:41)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:08 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。