2018年10月09日

詩は読みにくいか


日本文学特講では、
日本の詩を読んでいます。



学生に聞くと、
詩は読みにくい、
という声があがります。


確かに、日常使う会話のことばとは、
違うようです。
(でも、似ている面もあります。)


物事を解説する説明文とも、
違うようです。
(でも、似ている面もあります。)


そんなわけで、
まずは、詩の特徴として、
形式や表現に、
注目してもらうことにしました。


よく見ると、
二つの異なる主張があり、
対話のような形式に、
なっているものがあります。


よく見ると、
現実離れした表現の中に、
メッセージを伝えようとしている、
表現もあります。


そんなところを、
ひとつずつ見つけて、
読んでいってはいかがでしょうか。

長沼光彦


タグ :日本文学

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
卒論提出の後に口頭試問
卒論はたいへんですが
卒論を書いています
分属説明会
ゆるキャラは文化か
一歩進めて考えたい
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 卒論提出の後に口頭試問 (2018-12-07 22:07)
 卒論はたいへんですが (2018-12-05 23:07)
 卒論を書いています (2018-12-03 19:53)
 分属説明会 (2018-11-29 18:03)
 ゆるキャラは文化か (2018-11-27 20:03)
 一歩進めて考えたい (2018-11-21 22:15)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:26 │Comments(1)授業紹介日本語日本文化領域

この記事へのコメント
奥がふかいですね、
勉強になります。
けん
Posted by guildguild at 2018年10月09日 20:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。