2018年09月18日

なぜ学ぶのか


昨日、夏休みが終わる話をしたので
今日は、なぜ学ぶのか、という話を、
してみようと思います。



学ぶということは、
世界が広がる、ということです。

例えば、チンアナゴ、
という魚を知っていることでも、
良いでしょう。


チンアナゴを知ることで、
魚という生き物に興味を持つでしょう。

人間とは違って、
水の中で生きる生物も、
いるのだなあ、と思うわけです。


そこで、もう、自分の生活する世界を離れて、
水の世界に、自分の興味が広がっています。



また、魚の中でも、
ひょろ長く、砂にもぐって、
生活するので、
魚というものの、見方も変わるでしょう。


魚というものに対する、
自分のそれまでの考え方が変わり、
やはり、自分の興味が広がります。


世界が広がる、
ということは、
こういうことです。

自分のそれまでの世界を離れて、
いろいろなところへ、
気持ちを向けるわけです。



報告:長沼光彦



タグ :学び

同じカテゴリー(日記)の記事画像
次の週末は、大学祭です
秋が深まってきたようです
元気ですか
疲れたら休む
カメラを止めるな 上映しています
にわかに秋の気配
同じカテゴリー(日記)の記事
 次の週末は、大学祭です (2018-10-21 21:22)
 秋が深まってきたようです (2018-10-18 21:03)
 元気ですか (2018-10-16 20:43)
 疲れたら休む (2018-10-14 19:39)
 カメラを止めるな 上映しています (2018-10-13 20:26)
 にわかに秋の気配 (2018-10-12 18:51)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:31 │Comments(1)日記

この記事へのコメント
よく考えると、常時水中で生活できる魚は
スゴイですね。「かつらえいじ」
Posted by guildguild at 2018年09月19日 00:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。