2018年09月12日

カメラを止めるな! 京都で映画を観る


「カメラを止めるな!」は、
昨年公開の映画ですが、
国内外で賞を獲得し、
今年あらためて、
全国上映となりました。

(写真は夏のはじめ頃に、
茶室に訪れたカラスアゲハです。)


ひとことで言えば、ゾンビ映画なのですが、
観ていると、笑いあり、涙あり、
という展開になるというところが、
面白いわけです。


ネタバレしてはいけない、
ということになっているので、
多くは語れないのです。


ただ、ゾンビに襲われる人たちが、
映画制作に携わる人だというところ、
まず面白いところです。


ネタバレしても、
よさそうな頃に、
また話題にしてみたい映画です。

報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
映画と原作は違う
もうクリスマスでしょうか
寛容な交流
公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました
高校生の皆さんが授業にいらっしゃいました
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 映画と原作は違う (2018-11-16 20:48)
 もうクリスマスでしょうか (2018-11-13 21:13)
 寛容な交流 (2018-11-12 18:19)
 公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました (2018-11-11 21:38)
 高校生の皆さんが授業にいらっしゃいました (2018-11-06 22:19)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:27 │Comments(2)日本語日本文化領域

この記事へのコメント
ゾンビ映画私もすきです。
色んな種類があって面白いですよね。
けん
Posted by guildguild at 2018年09月12日 21:05
すごく話題になってますよね。
平日でも満席近い人が入っているみたいですね。私はまだ見に行ってませんので早く行かないと、と焦っております。
山崎
Posted by guildguild at 2018年09月12日 22:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。