2018年09月02日

女子大はどこがよい


中学生の皆さんが、
大学にいらしたときに

案内した学生が質問を、
受けていました。



横で聞いていると、
女子大のどういうところが、
良いのですか、
と聞かれていました。


女子大は、女性自身が活躍できる、
と、オーソドックスな答をしつつ、
雰囲気になじめている、
と実感を述べていました。


中にいると、
女子大と、共学がどのように違うか、
ということは、
なかなかわからないと思います。

ただ、なじめている、
活動できている、
というのは、
実際の感想でしょう。


私が見ていると、
本学の場合は、環境が落ち着いており、
人との関係が温和な感じがします。

小規模の大学で、
お互いに顔がよくわかる、
ということが、
影響しているのか、と思います。


それは女子大というだけでなく、
本学の特徴だろうと、
思います。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
SPI講座を実施しました -3年次ゼミ
物故者追悼ミサを行いました
もうクリスマスでしょうか
公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました
明日日曜日は、公開講座「世界の中で日本を考える」です
同じカテゴリー(日記)の記事
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ (2018-11-17 20:19)
 物故者追悼ミサを行いました (2018-11-15 21:39)
 もうクリスマスでしょうか (2018-11-13 21:13)
 公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました (2018-11-11 21:38)
 明日日曜日は、公開講座「世界の中で日本を考える」です (2018-11-10 20:43)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:11 │Comments(1)日記

この記事へのコメント
人とのつながりがが大事ですね。
ぬくもりのある人間関係、今の時代に
一番必要なものですね。
「かつらえいじ」
Posted by guildguild at 2018年09月03日 05:48
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。