2018年08月21日

夏休みは創造的である


大学の夏休みの話をすると、
社会人の皆さんは、
うらやましく思われるかもしれません。



ただ、実際には、
アルバイトをしている学生も多く、
自由ともかぎらないようです。


せっかくですから、
自分のしたいことをしたり、
あるいは、自分が何をしたいのか、
いろいろ試す時間をとっても、
良いのではないかと思います。


夏休みは、学校に通う人たちにとっては、
特別な時間で、
文学作品でも、素材となっています。


私が、昔読んだ小説でいうと、
アーサー・ランサムの
「つばめ号とアマゾン号」があります。

夏に湖畔に出かけて、
ヨットを操り、少年たちが、
ちょっとした冒険をする、
という話です。

子どもなのに、
一人前に、ヨットを走らせているのが、
うらやましく思いました。


夏休みの子どもは、
特別な時間を持つ、
権利があると思います。

私の場合は、読書だったわけですが。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
SPI講座を実施しました -3年次ゼミ
物故者追悼ミサを行いました
もうクリスマスでしょうか
公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました
明日日曜日は、公開講座「世界の中で日本を考える」です
同じカテゴリー(日記)の記事
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ (2018-11-17 20:19)
 物故者追悼ミサを行いました (2018-11-15 21:39)
 もうクリスマスでしょうか (2018-11-13 21:13)
 公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました (2018-11-11 21:38)
 明日日曜日は、公開講座「世界の中で日本を考える」です (2018-11-10 20:43)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:55 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。