2018年07月04日

やる気スイッチを自分で押す


「やる気スイッチ」を押してくれる塾、
というものがあります。


そんな先生がいたら、
いいですね。


とはいえ、先生はいつも、
いるわけではありません。

大人になるということは、
自分で「やる気スイッチ」を押す、
ということなのだと思います。


そんなわけで、大学にいる間に、
先生に、「やる気スイッチ」を押してもらうと共に、
自分で押す練習をしてはいかがか、
と思います。



大学の先生は、
答を与える前に、
問いを与えることが、
わりとあると思います。

それは、問いから、
自分で考えてもらい、
「やる気スイッチ」を自分で、
押してもらいたいと考えるからです。

報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
夏休みをおわりたくないという声もあります
夏休みの終わりに学生と会う
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
なぜ学ぶのか
いよいよ夏休みも最終週です
元客員教授 浜尾朱美先生を悼む
同じカテゴリー(日記)の記事
 夏休みをおわりたくないという声もあります (2018-09-22 18:11)
 夏休みの終わりに学生と会う (2018-09-20 20:55)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)
 なぜ学ぶのか (2018-09-18 20:31)
 いよいよ夏休みも最終週です (2018-09-17 21:14)
 元客員教授 浜尾朱美先生を悼む (2018-09-16 18:10)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23 │Comments(1)日記授業紹介アクティブラーニング

この記事へのコメント
「やる気スイッチ」
私にもあったらいいなとつくづく実感します。
これは自分で作るものなのでしょうか?
「かつらえいじ」
Posted by guildguild at 2018年07月05日 02:05
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。