2018年06月30日

水無月をいただきました


本日、6月30日は、
夏越しの祓(はらえ)の、
儀式が行われています。

(写真は、以前紹介した、
石清水八幡宮の茅の輪です。)

1年の半分が過ぎたところで、
邪気(悪い気)を祓って、
残りの半年を、
健康に過ごそうと願うものです。


旧暦のときには、
今の7月に行うことになりますから、
夏の盛りに当たります。

まさに、暑い夏を越える儀式、
ということです。


この時期に、京都では、
水無月(みなづき)という、
お菓子をいただきます。


旧暦6月の名前のついたお菓子は、
氷にみたてたものだと言われます。


学生に聞くと、
同じ関西地区でも、
大阪や滋賀では、
見かけないのだそうです。


そこで、少し早かったのですが、
2日前に、ゼミで、
水無月をいただくことにしました。



関西より遠方の地域から来ている学生や、
留学生にとっては、
おもしろい京都体験になったようです。

(フォークでいただいたので、
あまり和風な感じではありませんが。)


報告:長沼光彦




同じカテゴリー(日記)の記事画像
祇園祭 神幸祭
茶室にアゲハ蝶が訪れました
祇園祭宵山
サッカーワールドカップは決勝です
祇園祭宵山が間近です
ちょっとしたことを言う
同じカテゴリー(日記)の記事
 祇園祭 神幸祭 (2018-07-18 20:03)
 茶室にアゲハ蝶が訪れました (2018-07-17 20:09)
 祇園祭宵山 (2018-07-15 20:57)
 サッカーワールドカップは決勝です (2018-07-14 23:42)
 祇園祭宵山が間近です (2018-07-12 23:55)
 在学生の皆さんにお知らせが出されています (2018-07-09 18:04)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:38 │Comments(0)日記日本語日本文化領域京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。