2018年06月29日

大学生は自ら調べる


基礎演習では、レポートの書き方を、
練習しています。



大学は、7月末に、試験期間に入るので、
その準備というわけです。


授業で教師の話を聞くことも大切ですが、
レポートでは、
自ら調べて、自らまとめる、という、
能動的な取り組みが必要です。


大学では、こういう能動的な姿勢が、
大切です。


近年は、高校でも、
生徒の能動性を求めていますが、
大学では、より主体的に、
学ぶ必要があるのです。


報告:長沼光彦





同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
前期授業から ―京都工芸繊維大学での日本語教育実習
アラビア語で「あんた サボール」
前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2
柊家 西村明美先生 ホスピタリティ京都
中学生の皆さんに授業をしました
文学を読む 文学の研究
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 前期授業から ―京都工芸繊維大学での日本語教育実習 (2018-09-21 17:49)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2018-09-18 16:00)
 前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2 (2018-09-14 10:07)
 柊家 西村明美先生 ホスピタリティ京都 (2018-09-11 16:12)
 中学生の皆さんに授業をしました (2018-09-01 19:32)
 文学を読む 文学の研究 (2018-08-29 22:04)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:27 │Comments(0)授業紹介アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。