2018年06月09日

やる気を出させる?


ここ数日、やる気や、積極性
の話をしています。



近年、大学では、
学生が授業に主体的に取り組む、
アクティブラーニングという手法を、
採り入れることが、進められています。


とはいえ、やる気、主体性、
というものは、
強いることはできません。

やる気だせよ、
などと言われると、
むしろ反発するのではないでしょうか。

そんなわけで、
アクティブラーニングでは、
やる気を出すための、
工夫が必要となります。


ただ、やる気を出させる工夫は、
なかなか難しいものです。

積極的に動いてもらえないと、
指導する側は、手詰まりとなり、
命令したり、作業を強いたりすることも、
間々あります。


命令でも、
人は動かないことはないのですが、
長続きはしません。

命令されたことをやって終わり、
ということになり、
「指示待ち人間」を増やすだけです。


本来は、その人自身のやる気を喚起し、
その人自身の目標となるように、
働きかけることが必要です。


教師の仕事をしている人たちは、
今、そういう工夫を考えているところです。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
卒論提出の後に口頭試問
卒論はたいへんですが
卒論を書いています
分属説明会
ゆるキャラは文化か
一歩進めて考えたい
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 卒論提出の後に口頭試問 (2018-12-07 22:07)
 卒論はたいへんですが (2018-12-05 23:07)
 卒論を書いています (2018-12-03 19:53)
 分属説明会 (2018-11-29 18:03)
 ゆるキャラは文化か (2018-11-27 20:03)
 一歩進めて考えたい (2018-11-21 22:15)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)授業紹介アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。