2018年05月29日

ディズニーランドは変化する


東京ディズニーランドは、
変化し続けています。


これも、学生と話した話題です。


東京ディズニーランドは、
1983年に開園されました。

今年で35周年となります。
当時20歳代だった若者が、
50歳半ばになっています。

そう考えると、
なかなかの歴史です。


ディズニー・キャラクターのいる遊園地、
という特徴は、
その頃から変わっていないように、
思われます。


ただ、開園当時のアトラクションで、
なくなったものもあります。

たとえば、
シンデレラ城ミステリーツアー、
というものがありました。

シンデレラ城の中を歩いてまわり、
ドラゴンを倒すという、
アトラクションです。

他にも、なくなったものはあり、
その時々のニーズにより、
変化しているようです。


逆に、新しく開設されたものも、
多くります。

最も大きな変化は、
ディズニーシーというエリアが、
2001年に開園されたことでしょう。

子ども向けの遊園地というイメージの、
ディズニーリゾートに、
お酒も飲める、大人も遊べるエリアが、
できたわけです。

これも、大人も遊びたい、
というニーズに応えてのことですね。



そんなわけで、ディズニーランドは、
その時期ごとの、ニーズと付き合いながら、
変化をしてきたことがわかります。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
ボヘミアンラプソディ 京都で映画を観る
文化は世の中がつくる
ブラックフライデーって何だ
映画で癒やされる
ゆるキャラは文化か
昨日は満月でした
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 ボヘミアンラプソディ 京都で映画を観る (2018-12-16 17:00)
 文化は世の中がつくる (2018-12-10 19:53)
 ブラックフライデーって何だ (2018-12-09 21:41)
 映画で癒やされる (2018-11-28 22:08)
 ゆるキャラは文化か (2018-11-27 20:03)
 昨日は満月でした (2018-11-24 19:52)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:32 │Comments(0)日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。