2018年05月18日

笹岡隆甫先生 ホスピタリティ京都

ホスピタリティ京都は、
京都で伝統的なお仕事に、
携わる方たちをお招きし、
京都の文化、人との関わりについて、
考える授業です。

火曜日2限に開講しています。




未生流笹岡家元、笹岡隆甫先生には、
2回目の4月24日から、
6回目の5月22日までの、
5回分を担当していいただいています。

笹岡隆甫先生には、
本学客員教授を、
お引き受けいただいています。


笹岡先生の最初の講義は、
華道とは何か、
わかりやすく説明していただきました。


受講した学生が印象に残ったのは、
うつろい、と、引き算、というお話です。


お花は生きているものですから、
時間とともに、
つぼみ、花開き、しおれる、
というように、変化をします。

そのうつろいを、しっかりと受け止め、
花から学ぶ姿勢を持つのが、
華道なのです。


また、華道では、自然のままの花から、
花や枝を選び、整えていきます。

言わば引き算をして、
美しさを見出すわけです。



自然を重んじながらも、
人の手をくわえた美を見出すのが、
華道だということです。


報告:長沼光彦




同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
オマーン人留学生との交流2018 その2
オマーン人留学生との交流2018 その1
科目紹介 「キリスト教美術」
アラビア語で「あんた サボール」
吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都
真面目に取り組みます
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 オマーン人留学生との交流2018 その2 (2018-08-14 21:10)
 オマーン人留学生との交流2018 その1 (2018-08-13 20:34)
 科目紹介 「キリスト教美術」 (2018-08-10 18:17)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2018-08-03 16:00)
 吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都 (2018-08-02 16:55)
 真面目に取り組みます (2018-07-29 23:19)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:08 │Comments(0)授業紹介京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。