2018年05月15日

グループワークをしました 日本語コミュニケーションⅠ


日本語コミュニケーションⅠは、
大学生に求められる、
コミュニケーションスキルの入門編です。



今回は、グループで話し合う方法の、
ひとつを紹介しました。


もとは、KJ法と呼ばれる手法を、
使いました。


まずは、
それぞれの意見を付箋に書きます。

今度は、それを大きな模造紙に貼り付け、
意見交換をします。

次に、お互いの意見で、
接点のあるもの、
同じ仲間になりそうなものを、
付箋を移動してまとめます。


この方法の利点は、
何度も考え直しながら、
意見交換ができることです。


意見交換により、
方向を修正しやすいわけです。


そんなわけで、
はなから、自分の意見しか認めない、
という人には向いていません。

今の社会で求められるのは、
多様な意見を聞く、
ということです。

グローバル社会では、
種々の意見の背景に、
文化的な習慣や信条があります。

自分の常識に囚われずに、
他者の主張を理解しようとする、
姿勢が求められるのです。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
先生はプレゼンする 国語科教育法Ⅰ
アラビア語で「あんた サボール」
ストーリーをつくる 日本語コミュニケーション
大学生は世界を知る
笹岡隆甫先生 ホスピタリティ京都
大学生の知るべき世の中はどこにある
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 先生はプレゼンする 国語科教育法Ⅰ (2018-05-23 22:01)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2018-05-23 16:00)
 ストーリーをつくる 日本語コミュニケーション (2018-05-22 22:25)
 大学生は世界を知る (2018-05-21 19:30)
 笹岡隆甫先生 ホスピタリティ京都 (2018-05-18 17:08)
 大学生の知るべき世の中はどこにある (2018-05-14 18:39)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:53 │Comments(0)授業紹介アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。