2018年04月09日

桜のアーチのような 花のある大学62


昨日の続きで、3月末ころの、
桜の様子です。



学校の東側は、
最寄りの北山駅と反対側なので、
通る学生も多くはありません。


キャンパスの裏手という感じですが、
種々の植物が植えられており、
季節にごとに楽しみがあります。


桜が満開になり、
道に伸びた枝の下を通ると、
桜のアーチのようです。



歩いていていると、
ご近所の方の、
「きれい」という声が、
耳に入るときもあります。


報告:長沼光彦





同じカテゴリー(日記)の記事画像
茶室にアゲハ蝶が訪れました
祇園祭宵山
サッカーワールドカップは決勝です
祇園祭宵山が間近です
ちょっとしたことを言う
やる気スイッチを自分で押す
同じカテゴリー(日記)の記事
 茶室にアゲハ蝶が訪れました (2018-07-17 20:09)
 祇園祭宵山 (2018-07-15 20:57)
 サッカーワールドカップは決勝です (2018-07-14 23:42)
 祇園祭宵山が間近です (2018-07-12 23:55)
 在学生の皆さんにお知らせが出されています (2018-07-09 18:04)
 ちょっとしたことを言う (2018-07-08 19:09)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:24 │Comments(0)日記新館・校舎紹介

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。