2018年03月17日

卒業論文と卒業制作が選べます


昨日、ご紹介したとおり
人間文化学科の4年生は、
卒業論文として、
論文と制作を選ぶことができます。



論文は、テーマを選び、
先行研究をふまえながら、
調べた内容や意見を、
文章にまとめます。


制作は、4年間研究してきたことを、
論文以外の形にまとめるものです。

冊子や絵本の制作、
インタビュー、資料集、
小説、マンガ、写真集を、
つくることもできます。


その背景には、
自分の研究してきた、
積み重ねがあります。


たとえば、小説を書くなら、
自分の小説観をふまえて、
書くことになります。


研究してきたことを、
どのような形でまとめるかは、
学生の皆さんの企画に、
まかせているわけです。


2年次より、
自分で企画、運営する、
プロジェクト型のゼミも、
行っています。


学生の皆さんの、
創造性を活かせることが、
できると良いと思っています。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
自分の理解できない世界を知る
アイデアは発展する
卒論提出の後に口頭試問
卒論はたいへんですが
卒論を書いています
分属説明会
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 自分の理解できない世界を知る (2018-12-15 21:41)
 アイデアは発展する (2018-12-12 22:18)
 卒論提出の後に口頭試問 (2018-12-07 22:07)
 卒論はたいへんですが (2018-12-05 23:07)
 卒論を書いています (2018-12-03 19:53)
 分属説明会 (2018-11-29 18:03)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:25 │Comments(0)授業紹介

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。