2018年03月16日

人間文化学科生の卒業制作が京都新聞に掲載されました


  先週は卒業式でした。人間文化学科の46名の学生たちもめでたく本学を巣立っていきました。

 


  「日本語と古典の文化」ゼミでも、6名の卒業生が晴れやかに学帽をかぶって、学位記をもらいました。




  今年は、わがゼミでは、卒業制作を行った人が多かったので、先日図書館で卒業作品展覧会を行ったことはご紹介しました。

  
  そして、そのうちの一つ、信太ひかりさんが制作した古典恋歌超訳イラスト本『コイノウタ♡』が2月23日附の京都新聞朝刊に掲載されたのです。




  その紹介記事を読んだ多くの方々が、図書館の展示を見学に来てくださいました。

  京都府立図書館からも寄贈の依頼が来るなど、思わぬ反響に驚いています。




  就職活動を犠牲にして作品制作に取り組んだ信太さんも、「集中してがんばった甲斐がありました、本当にうれしいです」と喜んでいます。




  後輩ゼミ生も、何人かまたユニークな制作を行うようですので、先輩たちのお手本を参考にして、いいものを作ってください。

  以下、京都新聞ホームページに掲載された記事のURLです。

  http://kyoto-np.jp/education/article/20180223000055

  
 〔報告者:堀勝博〕



同じカテゴリー(日記)の記事画像
茶室にアゲハ蝶が訪れました
祇園祭宵山
サッカーワールドカップは決勝です
祇園祭宵山が間近です
ちょっとしたことを言う
やる気スイッチを自分で押す
同じカテゴリー(日記)の記事
 茶室にアゲハ蝶が訪れました (2018-07-17 20:09)
 祇園祭宵山 (2018-07-15 20:57)
 サッカーワールドカップは決勝です (2018-07-14 23:42)
 祇園祭宵山が間近です (2018-07-12 23:55)
 在学生の皆さんにお知らせが出されています (2018-07-09 18:04)
 ちょっとしたことを言う (2018-07-08 19:09)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:07 │Comments(0)日記日本語日本文化領域学生の作品

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。