2018年03月01日

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 開催しています

ただいま、京都国立近代美術館で、
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を、
開催しています。



皆さん、ご存じ
19世紀末に活動した、
オランダの画家、ゴッホは、
日本の浮き世絵の、
スタイルを好んでいました。


今回展示されている、
「花魁(溪齋英泉による)」は、
浮世絵を模写した油絵です。


その背景には、
19世紀のヨーロッパで、
日本文化が盛んに紹介されたことがあります。
ジャポニスムといいます。


浮世絵独特の構図を、
ゴッホが参考にしていることが、
展示物を観ると、
よくわかります。


印刷物でも見ることはできるのですが、
やはり本物を見た方が、
色合いや、タッチを、
生き生きと感じることができます。

実は、今度の日曜日で、
開催期間が終わるのですが、
よろしければ、お出かけ下さい。


長沼光彦



同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
文化は世の中がつくる
ブラックフライデーって何だ
映画で癒やされる
ゆるキャラは文化か
昨日は満月でした
下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 文化は世の中がつくる (2018-12-10 19:53)
 ブラックフライデーって何だ (2018-12-09 21:41)
 映画で癒やされる (2018-11-28 22:08)
 ゆるキャラは文化か (2018-11-27 20:03)
 昨日は満月でした (2018-11-24 19:52)
 下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論 (2018-11-19 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23 │Comments(0)日本語日本文化領域国際文化領域(芸術と思想)京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。