2018年02月28日

言葉を探す 物語を作る


就活で、物語を作ることを、
求められる、という話
をしています。



物語を作るためには、
小説を読んではいかがですか、
という話をしました。


気に入ったフレーズを、
雑誌や新聞から、
探す、ということも、
良いかと思います。


例えば、朝日新聞で、
鷲田清一が、
「折々のことば」を、
連載しています。


先日は、
「病、市に出せ」
という言葉を紹介していました。
(2018年2月14日朝刊)

徳島県、旧海部町の言い習わし、
だそうです。
(岡檀『生き心地の良い町』)

悩みやもめ事は、
公開の場にもちこめばいい。
まわりが対処法を、
教えてくれる、
というのです。

地域と人の関係を見直させてくれる、
良い言葉だと思います。


自分で、良い言葉を探すのは、
なかなか難しいので、
ことばの達人、読書の達人に、
教えてもらう、
というのも、ひとつの手です。



鷲田清一は、
『「聴く」ことの力―臨床哲学試論 』
『「待つ」ということ』
などの著作で、
積極的に働きかける態度とは、
また別の、受け入れる人間関係、
「聴く」「待つ」ということを、
考えている哲学者です。

よろしければ、
こちらの本も、
読んでみてください。




報告:長沼光彦




同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
映画と原作は違う
もうクリスマスでしょうか
寛容な交流
公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました
高校生の皆さんが授業にいらっしゃいました
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 映画と原作は違う (2018-11-16 20:48)
 もうクリスマスでしょうか (2018-11-13 21:13)
 寛容な交流 (2018-11-12 18:19)
 公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました (2018-11-11 21:38)
 高校生の皆さんが授業にいらっしゃいました (2018-11-06 22:19)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:02 │Comments(0)日本語日本文化領域キャリア教育・就活・インターンシップアクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。