2018年02月24日

自分の物語を肯定する


就活で、自分の物語を話すことが、
求められる、
という話をしました。



とはいえ、自分を物語化するのは、
難しいので、
キャリア教育の授業などで、
練習するわけです。


そのときに大切なのは、
自分の持っている、
エピソードを卑下しないことです。

自分では、
自信が持てないかもしれませんが、
それぞれ良い経験をしているはずです。

自分を肯定することが、
まずは大切なのです。


はじめは、難しければ、
キャリアのアドバイザーや教員に、
相談しながら、
肯定できるエピソードを見つけると、
良いでしょう。


実際、学生の皆さんと話していると、
肯定的なエピソードを、
見つけることができます。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
お月見はいかがでしたか
キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました
夏休みをおわりたくないという声もあります
夏休みの終わりに学生と会う
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
なぜ学ぶのか
同じカテゴリー(日記)の記事
 お月見はいかがでしたか (2018-09-26 21:31)
 キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました (2018-09-23 23:06)
 夏休みをおわりたくないという声もあります (2018-09-22 18:11)
 夏休みの終わりに学生と会う (2018-09-20 20:55)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)
 なぜ学ぶのか (2018-09-18 20:31)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:04 │Comments(0)日記キャリア教育・就活・インターンシップアクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。