2018年02月22日

世の中では物語を求められる

最近、オリンピックをとりあげて、
経験を伝える、、
「物語」の話をしています




こういう物語は、
小説家やノンフィクション作家、
あるいは、新聞やテレビの記者など、
プロの方が、まとめるものと、
思われるかもしれません。


しかし、近年では、
就活でも、自分の物語(ストーリー)を、
紹介することが求められます。


自分の大学での体験を、
ひとつのテーマに即して、
はじめ→それから→おわり、
とわかりやすく、
まとめるわけです。

たとえば、テニス部の部長として、
活躍しました、
という経験は、すばらしいことなのですが、
なぜ、すばらしいかは、
相手にはわかりません。


まずは、
仲間と協力して、
チームワークを高めることができた、
という、テーマが必要です。

そして、協力という成果が、
どのような経験を、
どのような順序ですることによって、
獲得できたか、
説明すると、
わかりやすくなります。


そんなわけで、
大学生の皆さんは、
キャリア教育で、
物語づくりの練習をします。



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
お月見はいかがでしたか
キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました
夏休みをおわりたくないという声もあります
夏休みの終わりに学生と会う
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
なぜ学ぶのか
同じカテゴリー(日記)の記事
 お月見はいかがでしたか (2018-09-26 21:31)
 キャンパスで、河原町オーパ「秋コレ」が撮影されました (2018-09-23 23:06)
 夏休みをおわりたくないという声もあります (2018-09-22 18:11)
 夏休みの終わりに学生と会う (2018-09-20 20:55)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)
 なぜ学ぶのか (2018-09-18 20:31)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:42 │Comments(0)日記キャリア教育・就活・インターンシップアクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。