2018年02月12日

一緒に暮らすところからはじめる

昨日は、他者の尊重が、
グローバル社会では、
必要とされる、という話をしました。




文科省が提案する、
アクティブラーニングで、
グループワークを通じて、
他者理解を学ぶことが、
求められるのも、
そういう理由からです。


では、実際グローバル社会で、
どのようにして、他者尊重を、
行っているのでしょうか。


たとえば、
海外から来た人たちが、
滞在中、快適に過ごせるように、
配慮する、ということがあります。


駅など交通機関で、
複数の言語で表示される看板が、
あります。

すべての言語を表示するのは、
不可能ですが、
英語以外に、中国語や韓国語など、
観光で訪れる方が多い国の言語を、
表記するようになってきています。



また、文化や宗教が異なると、
生活習慣の違いで、
配慮すべきことがあります。


これも、最近話題になっているので、
ご存じかと思いますが、
イスラム教を信じる方たちのために、
ハラールレストランが、
設置されています。

イスラムの教えでは、
神がよしとしたもののみを、
食することが、
戒律で決められています。

ハラールは、イスラムの教えで、
ゆるされたものを指します。


そのハラール食品を使った、
レストランが、
国内で増えています。

京都でも、ハラール認証を受けた、
ラーメン屋さんがあることが、
報道されました。



グローバル社会での他者尊重とは、
異なる文化、習慣を持つ人たちが、
共に住めるような、
環境を整えるところから、
はじまります。

一緒に暮らせなければ、
おつきあいは、はじまりません。

様々な考え、多様な文化を持つ人々と、
交流するには、
生活する、という、
一番基本的なところを、
整える必要があるわけです。


人間文化学科では、
こういう考え方を、
大切にしています。

コミュニケーションについて、
考え、実践する授業を設けているのも、
そういう理由からです。

報告:長沼光彦





同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2
カメラを止めるな! 京都で映画を観る
話しことば教育
文学を読む 文学の研究
日本文学の研究 古本を調べる
アーカイブズと「記録」
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2 (2018-09-14 10:07)
 カメラを止めるな! 京都で映画を観る (2018-09-12 19:27)
 話しことば教育 (2018-08-31 14:27)
 文学を読む 文学の研究 (2018-08-29 22:04)
 日本文学の研究 古本を調べる (2018-08-28 18:40)
 アーカイブズと「記録」 (2018-08-27 11:53)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 16:19 │Comments(0)日本語日本文化領域国際文化領域(多文化理解)アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。