2018年02月02日

美禰子の行方 夏目漱石「三四郎」を読む


試験期間に入る前の、
最後の授業で、
夏目漱石「三四郎」を読み終わりました。



美禰子は、
家族で交流のあった野々宮さんと、
交際があるように、
三四郎は思っていました。


しかし、野々宮さんと美禰子は、
考え方で合わないところがあるようです。

一方で、三四郎と美禰子が、
話す機会が増えていきます。

また、美禰子は後半で、
絵のモデルとなっていることが、
明らかになります。

その絵の場面は、
三四郎とはじめて出会ったときの、
美禰子の様子でした。


そういうエピソードが重なると、
三四郎と美禰子は、
結ばれるのかな、
とも思えます。


ところが、美禰子は、
野々宮さんでもなく、三四郎でもなく、
第三の男性と結婚することになります。


あまり明確に理由も言わないので、
美禰子の気持ちが、
良くわからない、
ということがあります。

受講した学生の皆さんの、
解釈もいろいろです。


そもそも、
美禰子は三四郎に、
興味がなかったのだ、
という人もいます。


そのように、様々な解釈ができるところに、
「三四郎」の面白さがあるのだと思います。


じっくり自分で読んでみて、
自分の「三四郎」の物語を、
組み立ててもらえると良いと思います。


小説の読解は、
そのように、自分で作り上げる面が、
あります。


報告:長沼光彦


タグ :「三四郎」

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
ストーリーをつくる 日本語コミュニケーション
アラビア語で「あんた サボール」
大学生は世界を知る
笹岡隆甫先生 ホスピタリティ京都
グループワークをしました 日本語コミュニケーションⅠ
大学生の知るべき世の中はどこにある
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 ストーリーをつくる 日本語コミュニケーション (2018-05-22 22:25)
 アラビア語で「あんた サボール」 (2018-05-22 16:00)
 大学生は世界を知る (2018-05-21 19:30)
 笹岡隆甫先生 ホスピタリティ京都 (2018-05-18 17:08)
 グループワークをしました 日本語コミュニケーションⅠ (2018-05-15 19:53)
 大学生の知るべき世の中はどこにある (2018-05-14 18:39)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:35 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。