2018年01月15日

ネットゲーム依存症をWHOが疾病に分類


ネットゲーム依存症を、
WHO(世界保健機関)が、
疾病分類に盛り込む方針だと、
報道されました。



ネットゲーム依存症は、
だいぶ前から、問題とされてきました。


インターネットに接続して遊ぶゲームを、
ネットゲームと称します。

いろいろなタイプのゲームがあるので、
ひとくくりにできないのですが、
ネットゲームに没頭して、
学校や会社に行かないなど、
社会生活に支障を来す事例が、
多く現れました。

これを、ネットゲーム依存症と、
呼びます。


ニコチンやアルコールと異なり、
体に影響を与える成分を、
摂取するわけではありませんが、
ゲームに中毒性があると、
認められたようです。


ただ、専門家がどのような、
特徴があるものと定義したのか、
ニュースではわかりません。

ゲームにかぎらず、
夢中になってやめられないことは、
人間によくあることです。

ネットゲームの、どのような特徴が、
問題なのか、
その分析を、まずは知りたいところです。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
大学生は世の中を知る
ゼミで大田神社に行ってきました 
リメンバー・ミー 京都で映画を観る 
国文学概論ではグループワークをしています
4月22日は、オープンキャンパスでした
「日本語教育実習Ⅲ」成果報告会を実施しました3
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 大学生は世の中を知る (2018-05-13 21:42)
 ゼミで大田神社に行ってきました  (2018-05-11 22:05)
 リメンバー・ミー 京都で映画を観る  (2018-05-04 17:00)
 国文学概論ではグループワークをしています (2018-04-26 23:53)
 4月22日は、オープンキャンパスでした (2018-04-23 18:44)
 「日本語教育実習Ⅲ」成果報告会を実施しました3 (2018-04-22 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(1)日本語日本文化領域

この記事へのコメント
ネットゲームだけでなく、スマホを離さない方が増えてきましたよね。
ヒヤッとすることもたくさんあります。
山崎
Posted by guildguild at 2018年01月15日 18:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。