2018年01月12日

ファンタジーが好きな人は哲学に向いている


哲学というと、
難しそうな気がするかもしれません。


しかし、哲学は、
自分の生きている世界を、
見直す学問です。


難しいのは、
今生きている世界のルールとは、
異なる見方で、
物事を考えようとするからです。


これは、昨日話した、
ファンタジーのものの見方
と、
似ています。


実は、哲学は、
すべての学問の始まりです。

世の中の仕組みは、
不思議を明らかにするために、
目に見えない世界に、
思いを馳せて、
いろいろな学問分野を
生み出してきたのです。


そういう意味では、
ぜひ、哲学を学び、
学問とは何か、
知ってもらうと、
良いと思います。

報告:長沼光彦




同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
お月見はいかがでしたか
前期授業から ―日本語コミュニケーションⅢ 特別講義
前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2
カメラを止めるな! 京都で映画を観る
話しことば教育
文学を読む 文学の研究
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 お月見はいかがでしたか (2018-09-26 21:31)
 前期授業から ―日本語コミュニケーションⅢ 特別講義 (2018-09-24 17:00)
 前期授業から ―祇園祭に行ってきました 2 (2018-09-14 10:07)
 カメラを止めるな! 京都で映画を観る (2018-09-12 19:27)
 話しことば教育 (2018-08-31 14:27)
 文学を読む 文学の研究 (2018-08-29 22:04)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)日本語日本文化領域国際文化領域(芸術と思想)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。