2017年12月22日

冬至で冬休み


本日で大学の年内の授業は、
終わりですが、
ちょうど、冬至(とうじ)となりました。



冬至といえば、
かぼちゃですが、
京都では、
冬至七種(とうじななくさ)という、
「ん」が2つ付く食べ物を、
食べる習わしになっています。


南瓜(なんきん)(かぼちゃ)
人参(にんじん)
蓮根(れんこん)
銀杏(ぎんなん) 
金柑(きんかん)
寒天(かんてん)
饂飩(うんどん)(うどん)

の7つです。


確かに、根菜類などは、
体が温まりそうですね。

無病息災を願って、
冬至七種をいただくのだそうです。

私も、とりあえず、
かぼちゃとうどんは、
いただきました。


報告:長沼光彦




同じカテゴリー(日記)の記事画像
次の週末は、大学祭です
秋が深まってきたようです
元気ですか
疲れたら休む
カメラを止めるな 上映しています
にわかに秋の気配
同じカテゴリー(日記)の記事
 次の週末は、大学祭です (2018-10-21 21:22)
 秋が深まってきたようです (2018-10-18 21:03)
 元気ですか (2018-10-16 20:43)
 疲れたら休む (2018-10-14 19:39)
 カメラを止めるな 上映しています (2018-10-13 20:26)
 にわかに秋の気配 (2018-10-12 18:51)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:22 │Comments(0)日記京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。