2017年11月20日

声を出す 授業を参観しました


本学では、前期と後期に、
他の先生が担当する授業を、
参観します。


オープンクラスという催しで、
お互いの授業をより良くするために、
参考にしているわけです。


ひとつは、平野先生の、
日本語コミュニケーションⅡを、
観に行きました。

まずは、声を出す練習で、
早口ことばを実践します。

実は、ことばを声に出すことは、
習慣づけないとできないものです。

みなさんも、長らく声を出さないと、
はっきりとしゃべれなくなる経験は、
ありませんか。

あるいは、カラオケに通い続けると、
だんだん声が出るようになる、
という経験はないでしょうか。



人間文化学科では、
学んで、実践することを、
大切にしています。

理屈でわかっていても、
行動にうつさなければ、
知識を役立てることはできません。

コミュニケーションも、
理論を学ぶと共に、
実践してみると、
より深く理解することができます。


報告:長沼光彦




同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
アラビア語で「あんた サボール」
オマーン人留学生との交流2018 その2
オマーン人留学生との交流2018 その1
科目紹介 「キリスト教美術」
吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都
真面目に取り組みます
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 アラビア語で「あんた サボール」 (2018-08-15 16:00)
 オマーン人留学生との交流2018 その2 (2018-08-14 21:10)
 オマーン人留学生との交流2018 その1 (2018-08-13 20:34)
 科目紹介 「キリスト教美術」 (2018-08-10 18:17)
 吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都 (2018-08-02 16:55)
 真面目に取り組みます (2018-07-29 23:19)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:20 │Comments(0)授業紹介話しことば教育

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。