2017年10月13日

図書館をつくる


基礎演習では、パネルづくりを、
しています。


テーマによっては、図書館の蔵書に、
ちょうど良い、
参考文献がないかもしれません。



そういうときは、図書館に、
リクエストを出してみたら、
と言っています。


ひとつの図書館に、
何でも資料があるわけでは、
ありません。

そういときは、
他の図書館にあれば、
貸借することもできます。
(貴重書など、できないものもあります。)

他の図書館に、
見に行くのも良いでしょう。


ただ、今回は、
せっかくだから、
自分で必要な資料だと思ったら、
図書館に入れてみては、
と提案しました。



というのは、本学の図書館にあれば、
今後も同じようなテーマを研究する人がいる場合、
役に立つからです。


人間文化学科は、
文化の研究をする学科ですから、
まとまった資料を持っておくと、
今後入学してくる学生にも、
役立ちます。



「図書館をつくる」
と少し大げさなことを言いました。

ただ、研究は、
後の人につなげていくものです。

まとまったテーマの資料を、
図書館に集めると、
図書館の特徴をつくることなり、
利用する人にとっても、
まとめて閲覧できるので、
便利になるのです。

報告:長沼光彦


タグ :図書館資料

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
三四郎は都会にそまった
卒論が終わると
プレゼンテーションパネルをつくる
LINEで質問を受ける
2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました
3年生も卒論の準備をしています
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 三四郎は都会にそまった (2017-12-13 20:52)
 卒論が終わると (2017-12-08 20:11)
 プレゼンテーションパネルをつくる (2017-12-07 19:19)
 LINEで質問を受ける (2017-12-03 21:11)
 2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました (2017-11-30 22:46)
 3年生も卒論の準備をしています (2017-11-29 21:29)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:36 │Comments(0)授業紹介アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。