2017年09月14日

古地図を読む3


江戸時代の古地図は、
お土産に持ってかえって、
自宅で広げて、つらつら眺める、
という楽しみ方をしたようです。



そんなわけで、
場所や地名だけでなく、
お寺などの、
伝承が書き込まれている場合があります。


例えば、
大学図書館で所蔵している、
江戸時代の京都古地図

「改正京町繪圖細見大成  洛中洛外町々小名」
(天保2年(1831年)7月開板)
には、細々とした記述があります。


3年のゼミで、学生が調べたときには、
六地蔵のいわれが書いてありました。

小野篁が地獄に赴いた際に、
地蔵菩薩と会ったことが、
寺が創建される由来だとされています。


そんな発見をするために、
江戸時代の人と同じように、
地図をつらつらと眺めてみるのも、
楽しいかと思います。

報告:長沼光彦


タグ :古地図

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
声を出す 授業を参観しました
学生の卒論を読む
松ヶ崎大黒天に紅葉を観に行きました
面白いを見つける
ユーチューバーの話 参
ユーチューバーの話 続
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 声を出す 授業を参観しました (2017-11-20 17:20)
 学生の卒論を読む (2017-11-18 22:25)
 松ヶ崎大黒天に紅葉を観に行きました (2017-11-17 20:33)
 面白いを見つける (2017-11-13 17:02)
 ユーチューバーの話 参 (2017-11-12 22:33)
 ユーチューバーの話 続 (2017-11-11 16:31)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:51 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。