2017年09月13日

古地図を読む2


地図を読むということは、
その時代や地域の、
考え方を知る、
ということでもあります。



例えば、
国土地理院発行の地図を見ても、
正確に表現されているなあ、
という感想しか持たないかもしれません。


しかし、どのような地図でも、
用途と目的によって、
情報は整理されています。

国土地理院の地図は、
正確な距離や高さを表現することに、
主眼が置かれています。

(国土交通省HP 地理院地図で、
ウェブ地図を見ることができます。
http://maps.gsi.go.jp/help/


そのため、他の情報は省略されており、
例えば、
近くのハンバーガー屋に行きたいと思っても、
役にたちません。

情報誌の地図を見たり、
グーグルに聞いたりした方が、
早くたどりつけます。


地図は、情報を提供するものですが、
どのような情報を提供するものか、
考えみると面白いと思います。

報告:長沼光彦


タグ :地図

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
互いの立場を認めること
聞くことから始まる対話
意地かプライドか 「三四郎」を読む
美禰子の行方 夏目漱石「三四郎」を読む
ほめるところから始める
図書館で展示をしています 基礎演習
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 互いの立場を認めること (2018-02-11 21:51)
 聞くことから始まる対話 (2018-02-10 21:09)
 意地かプライドか 「三四郎」を読む (2018-02-06 22:28)
 美禰子の行方 夏目漱石「三四郎」を読む (2018-02-02 19:35)
 ほめるところから始める (2018-01-31 19:55)
 図書館で展示をしています 基礎演習 (2018-01-29 21:29)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:39 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。