2017年08月13日

授業紹介(情報・メディアの文化とリテラシー)

3年前から「情報・メディアの文化とリテラシー」という授業を隔年で開講しています。図書館などの、情報を扱ってきた分野では、情報を使いこなす能力を「情報リテラシー」と呼び、我々がそれを身につけることが重要だとしてきました。また、メディア学、メディア教育の分野でも、テレビ、新聞などのメディアの性質を理解できる能力である「メディアリテラシー」があり、デジタル機器を使いこなす能力など、様々な「リテラシー」が提唱されてきました。近年はインターネットなどによって、様々な情報源、メディアが融合しつつある中で、そういった情報、メディアを使いこなすことができる横断的な能力が必要とされつつあります。



この授業では、そのような能力について学びながら、情報、メディアと人との関わりについて考えます。SNSなどの情報にはどのような性質があり、それをどう使えばよいのか、どのようなことに気をつければよいのか、といった身近な問題から、情報を自分から発信すること、そこにおける法律、倫理などの理解など、情報、メディアに関する諸事情について学ぶ授業です。(なお、この記事にある画像は著作権フリーのものです。) (鎌田)



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
調べたらつなげる
感動して分析する
言葉で説明する 絵で説明する  日本文学
図書館をつくる
学生のおかげでアイドルも論じる
慮って踏み出す
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 調べたらつなげる (2017-10-19 18:54)
 感動して分析する (2017-10-16 16:08)
 言葉で説明する 絵で説明する  日本文学 (2017-10-14 22:35)
 図書館をつくる (2017-10-13 22:36)
 学生のおかげでアイドルも論じる (2017-10-11 20:37)
 慮って踏み出す (2017-10-09 20:44)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)授業紹介図書館司書資格

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。