2017年07月11日

面白いをつくろう 日本語コミュニケーションⅠ

日本語コミュニケーションⅠでは、
文章表現だけでなく、
さまざまな表現にチャレンジしてもらっています。


最近ですと、
合作似顔絵のワークを紹介しました
。)



大学では、論理的な文章を書く能力が、
求められます。
昨日も、似たお話をしました。)

どうせなら、論理的な文章能力に加えて、
面白い表現を見つける、
創造力を育てた方が、
ワンランクアップすると思います。


世の中では、きちんと、わかりやすい文章も、
求められますが、
面白い表現を作り出すことができると、
より多くの人を惹きつけることができます。



そんなわけで、
日本語コミュニケーションでは、
ちょっと面白い!、と思えるような、
ワークを体験してもらっています。



今は、写真で五感を表現する、
五感アルバムをつくっています。
(これも、上田信行先生に、
教えてもらいました。)


長沼光彦




同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
互いの立場を認めること
聞くことから始まる対話
意地かプライドか 「三四郎」を読む
美禰子の行方 夏目漱石「三四郎」を読む
ほめるところから始める
図書館で展示をしています 基礎演習
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 互いの立場を認めること (2018-02-11 21:51)
 聞くことから始まる対話 (2018-02-10 21:09)
 意地かプライドか 「三四郎」を読む (2018-02-06 22:28)
 美禰子の行方 夏目漱石「三四郎」を読む (2018-02-02 19:35)
 ほめるところから始める (2018-01-31 19:55)
 図書館で展示をしています 基礎演習 (2018-01-29 21:29)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:58 │Comments(0)授業紹介

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。