2017年05月25日

メッセージ 京都で映画を観る

映画「メッセージ」は、異星から来た生物と、
コミュニケーションをとろうとする話です。



地球の12カ所に、巨大な宇宙船が、
現れます。

宇宙船で訪れた生物の意図は、
何なのか。

これを探るために、言語学者が、
調査を進める軍隊に呼ばれます。



この異星の知的生命体と、
コミュニケーションをとろうと、
言語学者がいろいろと、
チャレンジするところが、
この映画の面白いところです。


そのチャレンジの過程で、
サピア=ウォーフ仮説、
という言語理論が紹介されます。

言語の勉強をしている人は、
知っている有名な考え方です。

映画では、いくぶん解釈を広げていると、
思いますが、
これが、物語の展開の鍵となります。



そんなわけで、言葉やコミュニケーションが、
モチーフとなっていて、
面白い映画に仕上がっていました。

ちょっと、ストーリーを追うのが、
難しいかなとも思いましたが。

報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
本日は夏至です
オープンキャンパスを開催しました
ディズニーランドは変化する
スマホも疲れる
コスプレイヤーは写真集を出す
声優は歌う
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 本日は夏至です (2018-06-21 23:12)
 オープンキャンパスを開催しました (2018-06-10 20:22)
 ディズニーランドは変化する (2018-05-29 22:32)
 スマホも疲れる (2018-05-28 19:26)
 コスプレイヤーは写真集を出す (2018-05-26 20:52)
 声優は歌う (2018-05-25 21:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:57 │Comments(0)日本語日本文化領域国際文化領域(多文化理解)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。