2017年05月16日

本物に触れる 京都の研究 発展演習

京都や日本の伝統文化を学ぶ際にも、
できるだけ本物に触れよう、
としています。

もちろん、
京都フィールドワークや、
基礎演習などでお招きするゲストは、
本物に触れる機会です。

今回は、図書館に所蔵している、
資料の話です。



私の担当する発展演習では、
京都をプレゼンする、の題で、
京都を様々な角度から、
見てみようとしています。

受講するグループのひとつが、
京都の市電を調べたい、
とプランを出しました。

グループに、
京都出身の学生がいて、
親御さんが、学生時代に、
まだ市電が走っていた、
という話を聞いたのだそうです。


どこを走ってたのですか、
と聞かれたので、
とりあえず、
インターネット上の情報を、
電子黒板で見せたのですが、
物足りない様子です。

よし、では、
図書館で、昭和初期の地図を見よう、
と提案しました。



地図を見たら、
すごい、おもしろい、
との感想です。

何が面白いかと言えば、
当時使っていた地図ですから、
市電の駅周辺の情報が書かれており、
なぜ、駅を設置したのか、
直観できるからです。


ついでに、ノートルダムは、
どこですか、と聞かれて見ると、
植物園くらいしか、
見当たりません。

北山界隈が発展してきた経緯を、
紹介しました。
ノートルダムに昔から勤めていた先生より、
聞いた話をまじえたりします。

実際の地図を見ると、
発見があるわけです。


こんなふうに興味を広げる機会となるので、
本物に触れる機会を設けています。


報告:長沼光彦




同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
授業紹介(情報・メディアの文化とリテラシー)
大学での文学の授業は面白いですよ
西村明美先生 柊家  ホスピタリティ京都
1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」  大谷由里子先生による特別講義を実施
祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス
マイナビ・スタッフさんによる特別講義 ―日本語コミュニケーションⅢの授業
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 授業紹介(情報・メディアの文化とリテラシー) (2017-08-13 17:00)
 大学での文学の授業は面白いですよ (2017-08-08 20:24)
 西村明美先生 柊家  ホスピタリティ京都 (2017-07-31 17:00)
 1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」 大谷由里子先生による特別講義を実施 (2017-07-30 17:00)
 祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス (2017-07-29 17:30)
 マイナビ・スタッフさんによる特別講義 ―日本語コミュニケーションⅢの授業 (2017-07-28 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:38 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。